教育ICT用語

関東と九州南部で花粉シーズン入り、2月下旬からピーク

生活・健康 その他

花粉飛散マップ
  • 花粉飛散マップ
  • 花粉の飛散開始予想
  • 花粉飛散傾向予想(2015年比)
  • 花粉飛散傾向予想(平年比)
  • 都道府県ごとの花粉飛散傾向(北海道、東北、関東、中部)
  • 都道府県ごとの花粉飛散傾向(近畿、中国・四国、九州)
 ウェザーニューズは2月12日、関東や九州南部の1都7県において基準を超える花粉飛散量が観測され、今後も増える見込みであるとして、花粉シーズン入りしたと発表した。関東では、前年より3日早い花粉シーズン突入となる。

 ウェザーニューズの「第3回花粉飛散傾向」によると、花粉飛散量は2月12日までに関東(東京都、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)と九州南部(宮崎県、鹿児島県)の1都7県で基準を超えた。花粉シーズン入りの時期は、前年と比べて関東では3日、宮崎県では2日、鹿児島県では7日早かった。

 花粉観測量に応じて目の色が変化するウェザーニューズ独自の花粉観測機「ポールンロボ」による観測では、2月10日に東京都、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、宮崎県、鹿児島県の3割以上の観測地点で、花粉飛散量が花粉に敏感な人に症状が出始めるレベルに達している。

 2月13日から14日は、日本海を低気圧が急速に発達しながら進む予想となっているため、全国的に強風となり、気温が上昇。3月から4月並みの暖かさとなり、西~東日本の太平洋側で続々と花粉シーズンに突入すると予想されている。まだ花粉シーズン入りしていない地域に住んでいる人も花粉対策の準備をした方がよいという。

 花粉シーズンに入ったあとは、1週間から10日ぐらいで本格的な花粉シーズンに突入。関東や九州は2月下旬~3月上旬、東海から中国・四国は3月上旬~中旬、東北以北は3月中旬からスギ花粉の飛散ピークを迎える予想となっている。スギ花粉の飛散量がピークを過ぎたあとは、桜の花が咲く頃にヒノキ花粉の飛散量が増え、西~東日本の早い所では3月下旬~4月上旬にヒノキ花粉の飛散ピークとなる見通し。

 2016年のスギ・ヒノキ花粉シーズンの花粉飛散量は、全国的に平年より少なくなる予想。ただ、西日本では昨シーズンより多い見込み。風が強い日や雨が降った翌日などは、一時的に花粉の飛散が増える可能性があるので、注意が必要だという。

 なお、花粉観測機「ポールンロボ」で観測された花粉情報は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」やインターネットサイト「ウェザーニュース」の「花粉Ch.」で確認できる。
《奥山直美》

編集部おすすめの記事

特集

page top