教育ICT用語

大学4年・院生の7割が後悔、しておけば良かったこと1位は?

教育・受験 大学生

就職ジャーナル
  • 就職ジャーナル
 就職ジャーナルは、大学4年生と大学院2年生に、「大学1~2年でしておけば良かったこと」を調査。「勉強」と回答した学生は約半数おり、同様に「遊び」と回答した学生も半数いた。

 調査は、2月に大学4年生と大学院2年生の537人を対象に実施された。最終学年になり、「学生生活を振り返ってしておけばよかったと思うことがあるか」の質問に「はい」と回答したのは74.5%で、4人に1人が思い残すことがあった。中でも女子学生のほうが多い結果になった。

 「しておけば良かったと思うのはどんなことか」(複数回答可)の質問では、1位が「勉強」49.5%、2位が「遊び」47.5%、3位が「旅行」47.0%だった。そのほかの回答は「資格取得」45.0%、「部活・サークル活動」25.8%、「留学・短期留学」17.8%など。また、「恋愛」や「アルバイト」と回答した学生は3割いた。

 具体的には、「教養や専門知識を深めるために、多くの科目を取るとよかった」「漢字検定やTOEICテストなど受けて資格や良いスコアを取っておけばよかった」など、就職を前に思うこともあるようす。

 そのほか、「圧倒的に読書量が少なかった」「もっと積極的に恋愛すれば良かった」や、「歯列矯正」「九州一周する鉄道旅行」なども回答にあがった。卒業までまだ先と思っている大学1~2年生も先輩の声に耳を傾けて、悔いの残らない学生生活を送ってみては。
《田中志実》

編集部おすすめの記事

特集

page top