反転授業から学習ログ管理まで、デジタル・ナレッジ「Clica」最新版

教育ICT 先生

「Clica」最新版のイメージ
  • 「Clica」最新版のイメージ
  • Clica
 eラーニング専門ソリューション企業のデジタル・ナレッジは、無料のアクティブラーニングツール「Clica(クリカ)」の最新バージョンを1月10日にリリースした。ポートフォリオ機能で反転授業やレポート提出管理などが可能になる。

 Clicaは、22万人以上が利用するという、「安心・カンタン・無料」のWebアプリ。Clicaを使うことで、普段発言しにくい授業中でも気軽に自分の考えや意見を投稿したりアンケートへの参加を可能にする、受講者参加型の能動的学習「アクティブラーニング」を実現する授業支援ツールだという。

 今回リリースされた最新版では、新たに「ファイル共有機能」「レポート提出機能」「レポート添削機能」「ダッシュボード機能」を搭載。授業中のサポートだけでなく、授業前の事前学習から授業後のレポート提出、添削指導、学習行動ログの可視化に至るまできめ細かくサポートできるようになった。反転授業への活用など受講者参加型のアクティブラーニングをさらに促進させるツールへとバージョンアップしたという。

 ファイル共有機能では、授業資料を児童・生徒、学生のスマートフォンやパソコンなどに即時配布できるほか、事前課題や動画も簡単に公開・共有することが可能。授業中にリアルタイム配布した資料の閲覧状況も確認でき、出席確認にも活用できる。また、ダッシュボード機能を用いることで、自身の学習結果や発言、アクティビティーを見直すことができ、自身とクラスメイトの学習行動ログの比較や、日別・週別の推移を可視化することも可能。新たな気付きを得るきっかけにもなるという。

 ClicaはApp StoreやGoogle playなどでダウンロード可能。1月25日にはeラーニング・ラボ秋葉原にて「Clicaの進化」をテーマにしたセミナーが開催される。詳細はデジタル・ナレッジのWebサイトで確認し、申し込むこと。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)