第30回「サラリーマン川柳」ポケモンGOにアモーレほか傑作100句発表、投票は3/17まで

趣味・娯楽 保護者

 第一生命保険は2月13日、第30回サラリーマン川柳の傑作100選を公開。ベスト10に進む作品の投票受付を開始した。全国から寄せられた川柳は、5万5,067句。投票者には、抽選で1,000名に豪華賞品が当たるチャンスもある。投票受付は17日まで。ベスト10の発表は5月下旬を予定している。

 サラリーマン川柳は、1987年にスタートした川柳の公募コンクール。例年、5・7・5、合計17文字の川柳で、日常に起きる何気ないできごとをユーモアと風刺センスで表現した作品を募集している。第29回サラリーマン川柳コンクール応募分までの総応募数は、約104万句にのぼる。第30回には、全国5万5,067句が集まった。

 川柳ジャンルは「流行・話題編」「職場編」「上司・部下編」「夫婦(男女)編」「親子・家庭編」「健康・美容編」「政治・経済編」「IT・通信編」「その他」合計9つ。ジャンルを選択しジャンルごと、もしくはジャンルを選択せず「100句を表示する」を選び、集まった川柳100句を表示し、名句と思うものに投票する。

 たとえば、職場編では「ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?(なおまる御前)」「ポケモンGO 大事な仕事は ポケモン後(けやき+)」「ノー残業 居なくなるのは 上司だけ(仕事人間)」、夫婦(男女)編では「アモーレも 今や我が家の 新ゴジラ(小小市民)」、親子・家庭編では「ジャンボくじ 抽選前夜の家族会(おはぎ)」などが100選に選出されている。

 投票の受付は3月17日まで。ベスト10川柳の発表は、5月下旬を予定している。過去には、バブル景気を風刺した第4回「一戸建 手が出る土地は 熊も出る(ヤドカリ、1990年)」や、アベノミクスを表した第28回「小遣いの 異次元緩和 未だなし(三児の父、2014年)」などの名句が集まっている。

 投票参加者に向けたプレゼント抽選キャンペーンや、過去の「サラ川」を振り返る特設コーナーなどは、すべて第一生命保険のWebサイト内、サラリーマン川柳特設サイト内で閲覧できる。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)