ミッキーの先輩「オズワルド」、世界初登場

リサーチ 教育

オズワルド・ザ・ラッキーラビット in 東京ディズニーシー/(C) Disney
  • オズワルド・ザ・ラッキーラビット in 東京ディズニーシー/(C) Disney
  • オズワルド・ザ・ラッキーラビット in 東京ディズニーシー/(C) Disney
  • オズワルド・ザ・ラッキーラビット in 東京ディズニーシー/(C) Disney
  • オズワルド・ザ・ラッキーラビット in 東京ディズニーシー/(C) Disney
  • オズワルド・ザ・ラッキーラビット in 東京ディズニーシー/(C) Disney
  • オズワルド・ザ・ラッキーラビット in 東京ディズニーシー/(C) Disney
  • オズワルド・ザ・ラッキーラビット in 東京ディズニーシー/(C) Disney
  • オズワルド・ザ・ラッキーラビット in 東京ディズニーシー/(C) Disney
30周年「ザ・ハピネス・イヤー」の狂騒も記憶に新しい東京ディズニーリゾートでは、春の到来を祝福するイベントがスタート! 両パークでは毎日観たいイベントが目白押しだが、実は東京ディズニーシーにて、あの“しあわせウサギのオズワルド”のグリーティングもスタート。今回、特別にシネマカフェがプレスプレビューに潜入。その全貌をお届け!

■ そもそも“オズワルド”って? 公開中『アナと雪の女王』を観れば分かる!? ■

“オズワルド・ザ・ラッキーラビット”は、あのウォルト・ディズニーが1927年に生み出したウサギのキャラクターで、ミッキーマウスの“先輩”。その後、ウォルトがオズワルドの権利とアニメーターを他社に奪われてしまい、ミッキーが誕生したことは有名な話。そして、2006年にディズニーに権利が戻って以来、全世界のパーク内にライヴのキャラクターとして登場することはなく、今回の東京ディズニーシーが初のお披露目。すなわち世界で初登場となったのだ! アメリカ本国でなく、日本で初登場という点はまさに歴史的な事件! ちなみに公開中の『アナと雪の女王』と同時上映の短編、『ミッキーのミニー救出大作戦』にもオズワルドが登場しているようなので、事前予習しておくと現地で親しみやすいでしょう。


■ ファン待望のグリーティングを体験! これがとってもいたずらウサギ! ■

気になるグリーティングの場所は、これは偶然か(?)東京ディズニーシーでしか会えない人気者、ダッフィーとシェリーメイの聖地、アメリカンウォーターフロントにあるケープコッド。「ケープコッド・クックオフ」の裏手に、モノクロ世界をイメージしたオズワルドの農園が再現されていて、そこには大きい耳に青いズボン、丸いしっぽのオズワルドが! 

世界中を旅しているオズワルドは、いたずらが好き、楽しいことが大好き、プレイボーイということで、握手する手をはたいてみるとか、握手するフリをするとか、女性には優しいとか、ちょっとやんちゃなキャラクター! 家族で行くとお父さんはイジられる可能性もあり、きっと楽しいグリーティングを体験できるはず。サインもしてくれるようなので、現地でご確認を!


■ オズワルドのグッズはココでBUY! カチューシャで“なりきり”オズワルド! ■

“大人マリンなオズワルド・ザ・ラッキー・ラビット グッズ♪”は、「スチームボート・ミッキーズ」で販売中。カチューシャやパーカを着て、一緒に写真を撮れば、気分はオズワルド! 実はこの店名、ミッキーマウスのスクリーンデビュー作『蒸気船ウィリー』('28)にちなみ命名した名前で、どことなく縁も感じますね。

また「スチームボート・ミッキーズ」以外にも、グリーティング場所の横にグッズ販売用のワゴンが出ていることもあるようなので、あわせて要チェック! ちなみにオズワルドの今後の予定(ショーやパレード出演など)は未定なものの、春イベントだけ登場する期間限定の企画ではないので、今後しばらくはグリーティングに登場する予定のよう。次のGWは人気爆発間違いなし?

(C) Disney

【ディズニー】ミッキーの“先輩”が世界初お披露目! 「オズワルド」今春登場

《text:cinemacafe.net》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)