ニュースアクセスランキング

デイリーランキング1〜10位

  1. ユーキャン新語・流行語大賞2022「きつねダンス」他ノミネート30語発表 画像
    1

    ユーキャン新語・流行語大賞2022「きつねダンス」他ノミネート30語発表

    趣味・娯楽

     今年話題となったことばを選ぶ「ユーキャン新語・流行語大賞2022」のノミネート30語が、2022年11月5日に発表された。暗い話題が多い1年だったが、「大谷ルール」「村神様」「BIGBOSS」「きつねダンス」等、野球関連の言葉が多くノミネートした。

  2. 【大学受験2023】河合塾「入試難易予想ランキング表」11月版 画像
    2

    【大学受験2023】河合塾「入試難易予想ランキング表」11月版

    教育・受験

     河合塾は2022年11月21日、各大学の偏差値や大学入学共通テストの得点率を一覧にした「入試難易予想ランキング表」の最新版を公表した。大学入学共通テストの得点率のボーダーラインは、東京(理科三類)が91%。

  3. SNS流行語、2022年大賞はちいかわ構文「〇〇ってコト!?」 画像
    3

    SNS流行語、2022年大賞はちいかわ構文「〇〇ってコト!?」

    趣味・娯楽

     イー・ガーディアンは2022年11月28日、「SNS流行語大賞2022」を発表した。2022年の大賞は、ちいかわ構文として流行した「〇〇ってコト!?」に決定。その他、部門別で「スプラトゥーン3」「SPY×FAMILY」「鎌倉殿の13人」「ヤクルト1000」が1位となった。

  4. 新語・流行語大賞を発表、2022年の年間大賞は「村神様」 画像
    4

    新語・流行語大賞を発表、2022年の年間大賞は「村神様」

    生活・健康

     ユーキャンは2022年12月1日、「現代用語の基礎知識」選「2022ユーキャン新語・流行語大賞」を発表した。年間大賞には、ヤクルトスワローズの村上宗隆の活躍を讃える「村神様」が選ばれた。野球関連の言葉が年間大賞に輝くのは2年連続。

  5. 税理士試験2022、合格者は5,626人…5科目合格620人 画像
    5

    税理士試験2022、合格者は5,626人…5科目合格620人

    教育・受験

     国税庁は2022年11月30日、2022年度(令和4年度)税理士試験の試験結果を発表した。合格者は5,626人で、合格率は19.5%だった。そのうち5科目すべての合格者は620人。女性は合格者全体の3割にあたる1,691人だった。

  6. 【大学受験2023】駿台全国模試、大学別合格目標ライン9月版 画像
    6

    【大学受験2023】駿台全国模試、大学別合格目標ライン9月版

    教育・受験

     リセマムは駿台より情報提供を受け、大学別合格目標ラインを公開する。合格目標ラインの偏差値は、東京(理III・前期)78、慶應義塾(医・医)72等。合格目標ラインは、2022年9月25日実施の第2回「駿台全国模試」のデータに基づく。

  7. 【大学受験2023】ベネッセ・駿台共通テスト模試「合格可能性偏差値」11月 画像
    7

    【大学受験2023】ベネッセ・駿台共通テスト模試「合格可能性偏差値」11月

    教育・受験

     ベネッセマナビジョンは2022年12月1日、高校3年生・高卒生対象の模試「第3回ベネッセ・駿台大学入学共通テスト模試」のデータと2022年度入試結果に基づいた「合格可能性判定基準」を公開した。合格可能性80%以上の偏差値は、東京大学の文科一類が78、理科三類が80。

  8. 【大学受験2023】狭き門の医学部受験、突破の鍵は「初志貫徹」と直前期の演習時間確保…駿台 画像
    8

    【大学受験2023】狭き門の医学部受験、突破の鍵は「初志貫徹」と直前期の演習時間確保…駿台PR

    教育・受験

     景気の後退から実学志向が高まっている中、医学部への人気が再燃している。2022年度を振り返りながら、最新の模試のデータをもとに、今年度の医学部入試の新情報や志願者の動きについて、駿台予備学校・進学情報事業部統括の湧井宣行氏に話を聞いた。

  9. 今年の漢字、2021年は「金」 画像
    9

    今年の漢字、2021年は「金」

    生活・健康

     日本漢字能力検定協会は2021年12月13日、今年の世相を漢字一字で表現する年末の風物詩「今年の漢字」を発表した。全国公募により決定し、京都・清水寺の森清範貫主が揮毫した2021年の漢字は「金」であった。

  10. 【大学受験2023】代ゼミ・船口明先生に聞く、受験期に「身近な大人」を活用し最大限の収穫を得る方法 画像
    10

    【大学受験2023】代ゼミ・船口明先生に聞く、受験期に「身近な大人」を活用し最大限の収穫を得る方法PR

    教育・受験

     共通テスト目前の今、受験生がいかにこの時期を乗り越え、本番に臨むべきか、そして周囲の大人はどうサポートしていくべきか。代々木ゼミナールの現代文講師であり、教育総合研究所主幹研究員の船口明先生に聞いた。

デイリーランキング11〜20位

  1. 【高校受験2023】都立高校入試日程…推薦1/26-27、学力検査2/21 画像
    11

    【高校受験2023】都立高校入試日程…推薦1/26-27、学力検査2/21

    教育・受験

     東京都教育庁は2022年6月16日、2023年度(令和5年度)東京都立高等学校入学者選抜の日程を公表した。選抜実施日は、推薦が2023年1月26日と27日、第1次募集と分割前期募集の学力検査が2月21日。

  2. 【中学受験2023】千葉県私立中学の入試日程・定員・偏差値まとめ(男女) 画像
    12

    【中学受験2023】千葉県私立中学の入試日程・定員・偏差値まとめ(男女)

    教育・受験

     千葉県の私立中学入試の日程など、2023年度(令和5年度)の受験に必要な情報をまとめた。

  3. 【中学受験2023】国際教育や新しい教育に期待高まる…過去問の売れ行き前年比較で探る注目校<共学校編・前編> 画像
    13

    【中学受験2023】国際教育や新しい教育に期待高まる…過去問の売れ行き前年比較で探る注目校<共学校編・前編>

    教育・受験

     声の教育社より発売中の学校別過去問題集の出庫状況から、注目の共学校、ねらい目校を探る過去問出庫ランキングを紹介。2022年11月時点で前年比111.8%、11位となったのはかえつ有明。12位は前年比111.7%、埼玉栄という結果となった。

  4. 「全国住み続けたい街ランキング」1位は福岡県福津市 画像
    14

    「全国住み続けたい街ランキング」1位は福岡県福津市

    生活・健康

     ウェイブダッシュは2022年11月30日、「全国住み続けたい街ランキング」トップ50と各地方別トップ5を発表した。全国1位は「福岡県福津市」で、2位「愛知県瀬戸市」、3位が同率で「群馬県桐生市」と「富山県射水市」となった。

  5. 人気職業2位「プロスポーツ選手」1位は…13歳のハローワーク 画像
    15

    人気職業2位「プロスポーツ選手」1位は…13歳のハローワーク

    教育・受験

     幻冬舎とトップアスリートが運営する「13歳のハローワーク公式サイト」は2022年8月3日、2022年7月の人気職業ランキングを発表。1位は「ユーチューバー(YouTuber)」、2位は「プロスポーツ選手」、3位は「警察官」だった。

  6. 2022年に流行しそうな言葉1位「草」LINEリサーチ 画像
    16

    2022年に流行しそうな言葉1位「草」LINEリサーチ

    生活・健康

     LINEリサーチは、日本全国の高校生を対象に、2022年に流行しそうだと思う言葉やその理由等について調査。流行しそうだと思う言葉のTOP3に「草」「それな/それなー」「きまZ/きまずい」があげられた。

  7. 2023年度の英検(従来型)試験日程公開…準会場1日程減 画像
    17

    2023年度の英検(従来型)試験日程公開…準会場1日程減

    教育・受験

     日本英語検定協会は2022年11月14日、2023年度実用英語技能検定(従来型英検)の試験日程を発表した。コロナ禍の状況やこれまでの各試験日程の申込者数を鑑み、2023年度は準会場を1日程減。各回一次試験は、本会場と準会場6日程を設定する。

  8. 高校生が選ぶ流行語2022ランキング、TikTokの話題ポーズも 画像
    18

    高校生が選ぶ流行語2022ランキング、TikTokの話題ポーズも

    趣味・娯楽

     アイ・エヌ・ジーは、流行に敏感な関東の高校生男女100名に「2022年秋の最新トレンド」調査を実施した。流行りの言葉、物事、好きな芸能人やインフルエンサーの他、流行りのポーズ等をランキング形式で発表。2023年に流行る物事も予想している。

  9. 今あらためて気付く、面倒見No1の金沢工大が「国際高専」をつくった理由 画像
    19

    今あらためて気付く、面倒見No1の金沢工大が「国際高専」をつくった理由PR

    教育・受験

     国際高等専門学校が来春開学5年目を迎える。はじめての卒業生を輩出するともあって、当然学生たちの進路にも注目が集まる。「面倒見の良い大学」として定評のある金沢工業大学が、なぜ国際高等専門学校をつくったのか。その理由をあらためて問う。

  10. 【中学受験2023】伝統校の人気継続…過去問の売れ行き前年比較で探る注目校<女子校編> 画像
    20

    【中学受験2023】伝統校の人気継続…過去問の売れ行き前年比較で探る注目校<女子校編>

    教育・受験

     声の教育社より発売中の学校別過去問題集の出庫状況から、注目の女子校、ねらい目校を探る過去問出庫ランキングを紹介。2022年11月時点で前年比122.9%、1位となったのは実践女子学園。2位は前年比118.9%、湘南白百合学園という結果となった。

デイリーランキング21〜30位

  1. 21

    東京都足立区、返済不要の給付型奨学金を新設…上限826万円

    教育・受験

     東京都足立区は2022年11月22日、返済不要の給付型奨学金を新設すると発表した。約826万円を上限に入学金・授業料・施設整備費の全額を年間40人に給付する。現行の貸付型は撤廃し、今後はすべて給付型にするという足立区育英資金条例の改正案を区議会定例会へ提出する。

  2. 22

    【高校受験2023】神奈川県進路希望調査(10/20時点)横浜翠嵐2.6倍

    教育・受験

     神奈川県教育委員会は2022年11月25日、2022年度公立中学校等卒業予定者の進路希望結果を公表した。公立中学校等卒業予定者6万7,984人のうち、高校等進学希望者は6万5,902人、進学志望率は前年度より0.2ポイント増の96.9%。

  3. 23

    ユーキャン新語・流行語大賞2020、年間大賞は「3密」

    生活・健康

     「『現代用語の基礎知識』選 2020ユーキャン新語・流行語大賞」の表彰式が2020年12月1日に行われ、年間大賞とトップ10が発表された。年間大賞には「3密」、トップ10には「愛の不時着」「鬼滅の刃」「オンライン◯◯」などが選ばれた。

  4. 24

    【受験生ママ対談】受験直前、先輩ママが教える「勝つ」ための体調管理3選PR

    教育・受験

     今年も感染症が心配な季節に。そこで、中学・高校の受験を経験したご家族に集まっていただき、受験前に実際に行っていた体調管理方法について聞いた。

  5. 25

    山口県立高校の再編、宇部西の募集停止等を計画

    教育・受験

     山口県教育委員会は2022年11月28日、県立高校の再編整備計画のうち、2026年度にかけて実施する前期実施計画の素案を公表した。2024年度は宇部西高校が募集停止、2025年度は厚狭、田部高校の統合等、望ましい規模(1学年4~8学級)となるよう再編整備する計画。

  6. 26

    【高校受験2023】神奈川県公立高入試の日程、学力検査2/14

    教育・受験

     神奈川県教育局は2022年4月28日、2023年度(令和5年度)神奈川県公立高校入試の日程と選抜要綱を発表した。共通選抜の学力検査は2023年2月14日、面接および特色検査は2月14日、15日、16日、合格発表は2月28日に行われる。

  7. 27

    世相を表す、2022年「今年の漢字」11/1応募開始

    生活・健康

     日本漢字能力検定協会は2022年11月1日から12月5日まで、2022年の世相を表す漢字一字「今年の漢字」を全国から募集する。応募開始に先駆け10月3日には2022年「今年の漢字」特設応募サイトをオープン。特設応募サイト、ハガキ、応募箱、団体応募等で受け付ける。

  8. 28

    【中学受験2023】「残り3か月の本気」こそが大切、算数国語を制して全科底上げを…エルカミノPR

    教育・受験

     御三家、筑駒をはじめとする最難関校への合格実績で名高い中学受験塾「エルカミノ」代表の村上綾一氏に、直前期の指導のポイントについて聞いた。

  9. 29

    2023年GWは5日間…平日2日間を休むと最大9連休

    趣味・娯楽

     2023年3連休以上の休みは、1月7日~9日・5月3日~7日・7月15日~17日・8月11日~13日・9月16日~18日・10月7日~9日・11月3日~5日・12月29日~1月3日の計8回。GWは直前に土日があり、間の平日2日間を休めば最大9連休も。

  10. 30

    8割の高校生「制服は必要」理由は?

    教育・受験

     菅公学生服は2021年11月30日、毎月最終火曜日に結果を発信している調査レポート「カンコーホームルーム」Vol.190にて、高校生が考える「学校制服の必要性」に関する調査データを公開した。

page top