リセマム6周年

今年の花粉症、現役医師「患者が多い」67%……対策には“免疫力アップ”を

生活・健康 健康

今年は例年に比べて、花粉症患者が多いと思いますか? 今年は例年に比べて、花粉症患者が多いと思いますか?
  • 今年は例年に比べて、花粉症患者が多いと思いますか? 今年は例年に比べて、花粉症患者が多いと思いますか?
  • 花粉症対策として、免疫力を正常化することは重要だと思いますか? 花粉症対策として、免疫力を正常化することは重要だと思いますか?
  • ケフィアが免疫力を正常化する・高める効果があることを知っていましたか? ケフィアが免疫力を正常化する・高める効果があることを知っていましたか?
  • 「NKGケフィア投与による免疫活性に関する実験」では、ケフィア末の摂取により、生体防衛機能を担うとされる「唾液S-IgA量」の有意な上昇がみられた 「NKGケフィア投与による免疫活性に関する実験」では、ケフィア末の摂取により、生体防衛機能を担うとされる「唾液S-IgA量」の有意な上昇がみられた
 2月16日、都内で今年初めてスギ花粉の飛散が確認された。とくに、今年のスギ・ヒノキ花粉飛散量は、昨年の8.5倍、過去10年平均の2.4倍と東京では予測している。日本ケフィアは7日、現役医師に対して行った「花粉症対策」に関する調査結果を公表した。

 調査期間は2月15日~17日で、25歳~69歳の医師100名から回答が寄せられた。まず、「今年は例年に比べて、花粉症患者が多いと思いますか?」と質問したところ、67%が「思う」と回答。理由として「患者の出足が例年より早い」「実際に症状を訴える患者数が例年に比べてあきらかに多い」などの声があがった。また、「今年は例年に比べて、花粉症患者の症状が重いですか?」と質問したところ、51%が「思う」と回答した。

 続いて「花粉症の対策方法として効果的なこと」について聞いたところ、「マスク」「花粉ガード用眼鏡の着用」など外からの対策の一方で、「抗アレルギー剤」「発酵食品」など内側からの対策を重視する声も多かった。実際に「花粉症の対策のためには、内側からのケアが重要だと思うか」と聞くと、95%の医師が「思う」と回答した。理由として、「免疫の低下が花粉症の症状の重さに繋がるから」「免疫力を調整しないと根本的に治らないから」など、“免疫力アップ”を花粉症対策のポイントとする傾向がみられた。「花粉症対策として、免疫力を正常化することは重要だと思いますか?」という質問にも、80%の医師が「思う」と回答した。

 “免疫力アップ”に効果的な食品としては、発酵食品などがあげられる。ロシア・コーカサス地方発祥の発酵乳の一種「ケフィア」について、医師に聞いたところ、認知率は68%という結果になった。また「NKGケフィア投与による免疫活性に関する実験」では、「ケフィア」が免疫力の正常化・活性化に影響を及ぼすことが明らかになっているとのことで、この点について、ケフィアを認知していた医師に聞くと、49%とほぼ半数が「効果を知っていた」と回答。さらに「免疫力を正常化する上で、ケフィアをすすめたいと思いますか?」という質問に、58%が「思う」と回答した。
《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)