リセマム6周年

e燃費アワード2010-2011発表…実用燃費平均値ランキング

生活・健康 交通・クルマ

e燃費アワード2010-2011 輸入車部門:フォルクスワーゲン・ポロTSI ハイライン
  • e燃費アワード2010-2011 輸入車部門:フォルクスワーゲン・ポロTSI ハイライン
  • e燃費アワード2010-2011 新型車部門:ホンダ・フィットハイブリッド
  • e燃費アワード2010-2011 軽自動車部門:スズキ・アルトラパン
  • e燃費アワード2010-2011 乗用車部門:トヨタ・プリウス
イードは31日、消費者の自動車選択の新たな指針として実用燃費への関心を高めることを目的とした「e燃費アワード2010-2011」を発表した。新型車部門でのホンダ『フィットハイブリッド』など、4車種が受賞した。

今年で5回目となる「e燃費アワード2010-2011」は、イードが運営する携帯端末向けマイカー情報管理サービス「e燃費」ユーザーの燃費データベースを元に、4部門で実用燃費ランキングを作成し、それぞれの優秀車を表彰するもの。

車の燃費の測定法では国土交通省の定める燃費想定法「10・15モード」が普及しているが、これは特定の走行状況での燃費を測定するのに対し、e燃費は実際の使用実績における燃費を測定したものだ。e燃費では燃料タンクを満タンにするごとに走行距離を入力して燃費を算出する、いわゆる満タン法だ。

受賞車
●輸入車部門:フォルクスワーゲン・ポロTSI ハイライン…16.4km/リットル
●新型車部門:ホンダ・フィットハイブリッド…18.5km/リットル
●軽自動車部門:スズキ・アルトラパン…17.5km/リットル
●乗用車部門:トヨタ・プリウス…21.0km/リットル

輸入車部門2位はフィアット『500』で、1位から5位までをフィアットとフォルクスワーゲンで分け合う結果となった。カタログ燃費達成率に注目すると、日本車は5〜7割であるのに対し、輸入車は8〜9割を達成している。

新型車部門は、輸入車部門で1位の『ポロTSI ハイライン』が2位。日産『マーチ』が4位に入り、燃費で注目されただけのことはあった。

全保有車を対象の軽自動車部門は2位がスズキ『パレットSW』で、1位から4位までスズキが独占した。

やはり全保有車を対象にした乗用車部門は、トヨタ『プリウス』が5年連続で部門1位を獲得した。また、調査対象となったすべての自動車の中でもe燃費の値が最も良かった。部門2位はホンダ『インサイト』。新型車部門で1位のフィットハイブリッドは乗用車部門で4位だ。

e燃費webディレクターの藤原央行氏は、e燃費アワードの意義について「アワードを発表することにより、10・15モードを基準とした“カタログ燃費”では計れなかった実用燃費を明らかにし、CO2排出量削減およびエコ活動を推進するとともに、消費者のための新たな自動車選択の指標になりたい」と語る。


実用燃費平均値ランキング

輸入車部門
1:VWポロTSIハイライン(6RCBZ)…16.4km/リットル
2:フィアット500(31212)…15.9km/リットル
3:VWゴルフTSIコンフォートライン(1KCAX)…15.0km/リットル
4:フィアット・パンダ(16912)…14.6km/リットル
5:VWゴルフヴァリアントTSIトレンドライン(1KCAX)…12.9km/リットル

新型車部門
1:ホンダ・フィットハイブリッド(GP1)…18.5km/リットル
2:VWポロTSIハイライン(6RCBZ)…16.4km/リットル
3:ホンダCR-Z(ZF1)…16.3km/リットル
4:日産マーチ(K13)…15.2km/リットル
5:VWゴルフTSIコンフォートライン(1KCAX)…15.0km/リットル

軽自動車部門
1:スズキ・アルトラパン(HE22S)…17.5km/リットル
2:スズキ・パレットSW(MK21S)…17.2km/リットル
3:スズキ・ワゴンR(MH23S)…16.4km/リットル
4:スズキ・パレット(MK21S)…15.6km/リットル
5:ダイハツ・ムーヴコンテ(L575S)…15.3km/リットル

乗用車部門
1:トヨタ・プリウス(ZVW30)…21.0km/リットル
2:ホンダ・インサイト(ZE2)…18.9km/リットル
3:ホンダ・シビックハイブリッド(FD3)…18.5km/リットル
4:ホンダ・フィットハイブリッド(GP1)…18.5km/リットル
5:トヨタ iQ(KGJ10)…16.8km/リットル
《高木啓@レスポンス》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)