リセマム6周年

【e-Learning Korea】韓国ソウルで教育ICTイベントが開幕

教育ICT その他

韓国ソウル 江南のコンベンションセンター「COEX(コエックス)」
  • 韓国ソウル 江南のコンベンションセンター「COEX(コエックス)」
  • 「e-Learning Korea 2011」が開幕
  • オープニングイベント
  • 展示場のようす
 「e-Learning Korea 2011」が9月6日、韓国ソウル 江南のコンベンションセンター「COEX(コエックス)」で開幕した。

 教育科学技術部(日本の文部科学省に相当)・外交通商部(外務省)・文化体育観光部の主催で、8日までの3日間、学校教育から生涯教育までにおけるICT利活用に関する100企業・機関による約400の展示やカンファレンスが行われる。

 展示は、遠隔教育や生涯教育コンテンツ、電子書籍、スマートTV、タブレットPCなどの「SMART-Campus」、スマートフォン向け教育アプリ・サービス・ハードウエア、IPTV 教育コンテンツ・ハードウエア、学習用ゲームなどの「SMART-Work」、電子黒板(IWB)、電子教卓、未来の教室、サイバー家庭学習向けコンテンツ・サービスなどの「Future-School」、語学・教務・資格取得 教育コンテンツ・サービス、eラーニング管理ソリューション・支援ソリューション・コンサルティングなどの「Job & HRD」で構成されている。

 会場で特に目を引いたのは、「SMART」のほか「M-Learning」のキーワードと、英語教材と電子黒板(IWB)の展示の多さだ。

 eラーニング コンテンツは、スマートフォンやタブレットPC用のアプリが中心で、複数のモバイル端末からいつでも・どこでも利用できる「M-Learning」に移行し、幼児向けの英語学習コンテンツまでも、従来のPC向けから、自動車での移動中などでも気軽に利用できるタブレットPC用アプリとして再リリースされたものが展示されていた。

 日本の教育ICT関連の展示会ではあまり見られない光景としては、平日にも関わらず子どもや保護者の姿が見受けられたことだ。工業高校でマルチメディアを学んでいる生徒が校外学習として来場し、熱心に最新端末の説明を受けている姿が印象的だった。また、政府関係者も視察に訪れていた。
《田村麻里子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)