教育ICT用語

全国のライバルと英単語バトル…無料学習応援アプリ配信開始

教育ICT ソフト・アプリ

ターゲットの友 for 1200 競え!自分とライバルと!
  • ターゲットの友 for 1200 競え!自分とライバルと!
  • ターゲットの友 for 1200 競え!自分とライバルと!
  • 問題形式は全9種類
  • 高校・部活別のチーム対抗戦
  • リスニング
  • アイテムが集まる
 旺文社は8月3日、大学受験用の英単語学習をサポートする無料アプリ「ターゲットの友」のシリーズ第2弾「ターゲットの友for 1200 競え!自分とライバルと!」のiOS版をApp Storeにて配信開始した。高校生のやる気を引き出す機能が盛り込まれている。

 「ターゲットの友」は、大学受験用の英単語集「英単語ターゲット1900(5訂版)」での学習をサポートする無料アプリとして2014年4月に配信開始して以来、2015年6月末までに55万ダウンロードを記録し、30万人以上の高校生が利用しているという。

 今回配信開始したアプリ「ターゲットの友for 1200 競え!自分とライバルと!」は、高校生向け英単語集「英単語ターゲット1200」を楽しく取り組めるよう、書籍に収録されている単語と熟語のテストを行い、ほかのユーザーとの対戦や、自分の通う高校や所属する部活単位での対抗ランキングも開催し、ゲーミフィケーションの要素を取り入れている。対戦成績をもとにした全国ランキングで、自分の実力をチェックできる。

 また、書籍に掲載されている単語と熟語の英語音声を聞くことや、範囲指定での再生、聴きたい時に聴きたい分だけのリスニングが可能。単語ごとの再生間隔も調整できるので、自分に合ったスピードに設定して耳を鍛えられる。

 毎日楽しく続けられる機能として、「連続ログイン」や「ランキング1位獲得」などでバッチがもらえたり、対戦で勝ち進むと受けられる「検定試験」に合格することで自分のアバターをカスタマイズするアイテムをもらえたり、お互いが「フォロー」し合うことで、近くにいる友だちと実際に同時対戦できたりと、さまざまな工夫が盛り込まれている。なお、同アプリは書籍の購入に関わらず無料で利用できる。

◆ターゲットの友 for 1200 競え!自分とライバルと!
価格:無料
提供開始日:2015年8月3日
対応機種:iPhone iOS7.0以上
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック