ドコモ、Xi対応モバイルWi-Fiルーターなど3月に発売

デジタル生活 パソコン

「BF-01D」
  • 「BF-01D」
  • 「BF-01D」
  • 「L-03D」
  • 「L-03D」
  • 「L-03D」
 NTTドコモは25日、モバイルWi-Fiルーター「BF-01D」とUSB型データ通信専用端末「L-03D」を3月から順次発売すると発表した。

 両機種とも、受信時最大75Mbpsの高速通信「Xi」(クロッシィ)に対応、光回線並のスピードと常時接続に近い短時間アクセスで、外出時もブロードバンドを楽しめるとしている。

 「BF-01D」は4種(Xi・FOMA・Wi-Fi・有線LAN)の回線に対応し、ユーザーの使用場所に応じて最適な回線を選ぶことが可能。FOMAハイスピードエリア内では、受信時最大14Mbps、送信時最大5.7Mbpsでパケット通信ができる。16GBの内蔵メモリ搭載。最大12台のWi-Fi機器を接続可能。サイズは約68×108×21.4mm、重さは約193g。

 「L-03D」はWORLD WING(3G+GPRS)に対応し、海外でもデータ通信を利用できる。Windows、Macそれぞれの日本語版OSに加えて英語版OSにも対応。ピンク、ブラック、ホワイト3色のカラーバリエーションが用意されている。サイズは約92×34×12.4mm、重さは約45g。

ドコモ、Xi対応のデータ通信専用端末2機種を3月に発売

《白石 雄太@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)