JAL 燃油サーチャージ引き上げ、欧州・北米は5,000円増

生活・健康 交通・クルマ

ボーイング JAL仕様(2012年)
  • ボーイング JAL仕様(2012年)
  • JAL(イメージ)
JALは、12月から適用する国際線「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)の適用額改定を国土交通省に申請した。

同社では、燃油特別付加運賃額を2か月ごとに、直近2か月間の燃油市況価格平均に基づき見直しを図っている。2012年8月から9月のシンガポールケロシン市況価格2か月平均は、1バレルあたり130.89米ドルに上昇したため、改定することとなった。

改定価格は、欧州・北米・中東・オセアニア行きが現行の2万1000円から2万6000円へ、ハワイ・インド・インドネシア行きが1万3500円から1万6500円へなど。

燃油サーチャージは、4月12日の改訂以来、3期ぶりの引き上げとなる。

JAL、燃油サーチャージを3期ぶりの引き上げへ…欧州・北米は5000円増

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)