NECの2013年夏モデルPC、スマホ・タブレットのような使い勝手

デジタル生活 モバイル

15.6型液晶「LaVie L」
  • 15.6型液晶「LaVie L」
  • マルチタッチ操作のイメージ
  • 15.6型液晶「LaVie S」のタッチ対応モデル
  • 「VALUESTAR L」の「VL750/MSW」
 NECパーソナルコンピュータは14日、個人向けノートPC「LaVie」とデスクトップPC「VALUESTAR」の2013年夏モデルを発表した。販売開始は16日から順次。価格はオープン。

 今回発表の新製品6タイプ30モデルのなかでも、ノートPC「LaVie L」「LaVie S」とデスクトップPC「VALUESTAR L(VL750/MSW)」はデザインを一新。予想実売価格は、「LaVie L」の「LL850/MS」が200,000円前後、「LL750/MS」が190,000円前後。「LaVie S」の「LS550/MS」が165,000円前後、「LS350/MS」が130,000円前後、「LS150/MS」が110,000円前後。「VALUESTAR L」の「VL750/MSW」が215,000円前後。

 2013年夏モデルの大きな特徴は、スマートフォンやタブレットなどスマートデバイスのような使い勝手をパソコンに取り入れたこと。タッチパネル搭載モデルでは、スマートデバイスで人気の「クックパッド」や「nissen Smart Catalog」、「シュフーチラシアプリ for NEC」という3種類のアプリをプリインストール。たとえば「クックパッド」を利用する際に、外出先でスマートフォン版を使いレシピや食材をチェック。帰宅後はパソコン版で、チェックしたレシピを参考に料理するといった使い方が可能となる。

 「LaVie L」は、同社製ノートPCのフラッグシップとなる15.6型液晶モデル。YAMAHAサウンドシステムを象徴するアルミ素材のスピーカグリルを採用。ステータスLEDは間接照明のように隙間から光るデザインとした。

 OSはWindows 8 64ビット版で、ディスプレイはマルチタッチに対応。上位の「LL850/MS」は解像度1,920×1,080ピクセルのフルHDに対応、「LL750/MS」は解像度1,366×768ピクセルとなる。CPUは第4世代インテルCoreプロセッサー・ファミリーを搭載する予定で、統合アプリのOffice Home and Business 2013(PowerPoint 2013搭載)を装備。メモリは8GB、光学ドライブはBDXL対応Blu-rayディスクドライブで、ストレージは、上位の「LL850/MS」が1TB HDD+32GB SSD、「LL750/MS」が1TB HDD。

 「LaVie S」は、ヒンジ部が目立たないデザインを採用した15.6型液晶モデル。OSはWindows 8 64ビット版で、上位の「LS550/MS」にはタッチパネルを搭載している(「LS350/MS」「LS150/MS」はタッチ非対応)。統合アプリのOffice Home and Business 2013(PowerPoint 2013搭載)を装備する。

 上位の「LS550/MS」は、CPUがデュアルコアのCore i5-3230M(2.6~3.2GHz)、メモリが8GB、ストレージが1TB HDD、光学ドライブがBDXL対応Blu-rayディスクドライブ。「LS350/MS」はCPUがデュアルコアのCore i3-3120M(2.5GHz)、メモリが4GB、ストレージが750GB HDD、光学ドライブがBDXL対応Blu-rayディスクドライブ。「LS150/MS」は「LS350/MS」とほぼ同様で、CPUがデュアルコアのCeleron 1000M(1.8GHz)、光学ドライブがDVDスーパーマルチとなる。

 「VALUESTAR L」の「VL750/MSW」は、白と黒のシンプルなデザインに一新したスリムタワーモデル。フルHD対応の23型液晶ディスプレイを付属する。OSはWindows 8 64ビット版、CPUは第4世代インテルCoreプロセッサー・ファミリーを搭載する予定で、統合アプリのOffice Home and Business 2013(PowerPoint 2013搭載)を装備。メモリは8GB、ストレージは3TB HDD、光学ドライブはBDXL対応Blu-rayディスクドライブ。

NECの2013年夏モデルPC、スマホ・タブとの併用で便利なノートPCなど

《加藤@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)