映画「アンパンマン」、本仮屋ユイカ&サンドウィッチマンがアフレコ会見

趣味・娯楽 その他

『それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ』アフレコ会見
  • 『それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ』アフレコ会見
  • 『それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ』アフレコ会見
7月6日より映画『それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ』が全国公開を迎える。アニメ「それいけ!アンパンマン」の劇場シリーズでは、例年ゲストキャラクターの声優に芸能人を起用することが恒例となっている。
本作も、話題のタレントが集まった。象の男の子・パオ役に女優・本仮屋ユイカさん、ザジズゼゾウとスゴイゾウ役にお笑いコンビ・サンドウィッチマンの富澤たけしさんと伊達みきおさんを起用した。

5月29日には本仮屋さんとサンドウィッチマンによるアフレコ会見が行われた。3人はそれぞれ「アンパンマン」で声優を務めることへの思いを語った。
本仮屋さんが演じるパオは、"空をきれいにできるハンカチ"を上手く使おうと奮闘するキャラクターだ。富澤さんが演じるザジズゼゾウは、パオを見守る師匠という役柄。一方、伊達さんが担当するスゴイゾウは、ばいきんまんが発明した最新メカである。暴走するとヨゴスゾウに変身し大暴れしてしまう。

劇場25作目の本作と同じ25歳の本仮屋さんは、子供の頃からアンパンマンに親しんでいたようで「保育園のお遊戯会で、エンディングテーマを使って踊りましたね。今でも、時々口ずさんだりしますよ」とエピソードを披露した。
また、サンドウィッチマンの二人は自身の子供たちが1歳と2歳ということで、アンパンマングッズをプレゼントしていると明かした。
富澤さんはアフレコについて「象の声ってイメージしにくいので、難しかったですね」と語った。それは伊達さんも同じだったらしく「僕は"ヨゴスゾウ"と"スゴイゾウ"という台詞しかないんですが、その台詞を感情つけて言う、というのが難しかったです」と苦労した様子が窺えた。

作品について質問が及ぶと、本仮屋さんは「前向きに希望をもって進む事は、素晴らしいことなんだ、と教えてくれる映画です」と自信を見せた。
伊達さんは「去年は"復興"というテーマでしたが、今年のテーマは"希望"です。大人が見ても色々な感情の湧いてくる作品になっています」とコメントを残した。富澤さんも「実際に映画を見て、普通に泣いてしまいました」と太鼓判を押しており、全国公開に向けて期待が高まっていく会見となった。
[高橋克則]

『それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ』
7月6日(土)より全国公開
http://anpanman.jp/movie2013/

映画「アンパンマン」公開迫る 本仮屋ユイカとサンドウィッチマンがアフレコに挑む

《animeanime》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)