東大教授 詐欺容疑で起訴を受け、東大が説明

 東京大学政策ビジョン研究センター教員が、研究費などをだまし取ったとして、詐欺容疑で東京地方検察庁から起訴された件について、東京大学はホームページに8月14日付けで遺憾の意を表明した。調査結果にもとづき厳正な対処をしていくとしている。

教育・受験 その他
教員の起訴について
  • 教員の起訴について
 東京大学政策ビジョン研究センター教員が、研究費などをだまし取ったとして、詐欺容疑で東京地方検察庁から起訴された件について、東京大学はホームページに8月14日付けで遺憾の意を表明した。調査結果にもとづき厳正な対処をしていくとしている。

 7月25日の東京大学政策ビジョン研究センター教員の逮捕を受け、東大が行った事実関係の調査により、「会計手続に関する学内規則等に照らして不適切な取引のあったことが確認されている」とし、現在、さらに調査を進めているという。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)