バイドゥ(百度)、バグを修正した「Simeji」最新バージョンを緊急公開

リサーチ 教育

「Simeji」オフィシャルサイト
  • 「Simeji」オフィシャルサイト
  • Google Playにおける説明
 バイドゥ(百度)は12月27日未明、Android OS向け日本語入力アプリ「Simeji」の最新バージョンとなる「6.6.2」を公開した。

 「クラウド変換」がオフのときでも、入力内容をサーバに送信していたバグが修正された。また「クラウド変換」が、新規ユーザー/アップデートユーザーとも初期設定が「OFF」となった。

 日本語入力アプリ「Simeji」は、Google Playで無料公開されており、現在累計700万ダウンロードを記録している。対応OSはAndroid 1.6以上。12月26日より、「ユーザーの承認がなくても、入力情報が外部に送信される」との一部報道があり、同社では「実装におけるバグだった」と説明していた。今回の最新版は、それに対応するものとなる。

 同社では「クラウド変換の利便性と安全性をご理解いただいたユーザー様は、設定メニューで有効設定とすることでクラウド変換をこれまでどおり引き続きご利用いただけます」とコメントしている。

バイドゥ、バグを修正した「Simeji」最新バージョンを緊急公開

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)