【高校野球】春のセンバツ32校の組み合わせ決定

 春のセンバツと呼ばれる「第86回選抜高等学校野球大会」の出場校全32校が参加する中、抽選会が3月14日に毎日新聞大阪本社で行われた。全16試合の組み合わせが発表され、3月21日から12日間、熱戦を繰り広げることになる。

教育・受験 学校・塾・予備校
組み合わせ表
  • 組み合わせ表
  • 日本高等学校野球連盟
  • 大会日程(第1日~第6日)
  • 大会日程(第7日~第11日)
 春のセンバツと呼ばれる「第86回選抜高等学校野球大会」の出場校全32校が参加する中、抽選会が3月14日に毎日新聞大阪本社で行われた。全16試合の組み合わせが発表され、3月21日から12日間、熱戦を繰り広げることになる。

 開会式の選手宣誓は創部85年の節目に初出場の広島新庄高校・中村航輝主将に決定。直後となる第1試合は、目標を全国制覇と掲げる神村学園(鹿児島)と14年振りの出場を決めた岩国高校(山口)のカードで、鹿児島県からは21世紀枠で奄美群島から初出場の大島高校と2校が出場する。

 今大会の21世紀枠には北海道から九州までの9地区より3校が登場する。大会期間は3月21日(金)から4月1日(火)までの準決勝前日の休養日を含む12日間。試合は1日に3ゲームずつ行われる。第6日の第1試合までが1回戦、第2試合からは1回戦を勝ち進んだカードが対戦となる。

◆第86回選抜高等学校野球大会
【第1日】
神村学園(鹿児島)-岩国(山口)
福知山成美(京都)-山梨学院大付(山梨)
履正社(大阪)-小山台(東京)

【第2日】
駒大苫小牧(北海道)-創成館(長崎)
池田(徳島)-海南(和歌山)
日本文理(新潟)-豊川(愛知)

【第3日】
報徳学園(兵庫)-沖縄尚学(沖縄)
白鴎大足利(栃木)-東陵(宮城)
鎮西(熊本)-佐野日大(栃木)

【第4日】
智辯学園(奈良)-三重(三重)
関東一(東京)-美里工(沖縄)
智辯和歌山(和歌山)-明徳義塾(高知)

【第5日】
広島新庄(広島)-東海大三(長野)
今原西(愛媛)-桐生第一(群馬)
大島(鹿児島)-龍谷大平安(京都)

【第6日】
横浜(神奈川)-八戸学院光星(青森)
以降2回戦
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)