光浦靖子の“もらって困る”ブローチ展、表参道ヒルズで開催

趣味・娯楽 その他

光浦靖子のブローチ展、表参道ヒルズ ポケットにて開催
  • 光浦靖子のブローチ展、表参道ヒルズ ポケットにて開催
  • 光浦靖子のブローチ展、表参道ヒルズ ポケットにて開催
  • 光浦靖子のブローチ展、表参道ヒルズ ポケットにて開催
  • 光浦靖子のブローチ展、表参道ヒルズ ポケットにて開催
  • 光浦靖子のブローチ展、表参道ヒルズ ポケットにて開催
  • 光浦靖子のブローチ展、表参道ヒルズ ポケットにて開催
  • 光浦靖子のブローチ展、表参道ヒルズ ポケットにて開催
  • 光浦靖子のブローチ展、表参道ヒルズ ポケットにて開催
手芸歴34年のお笑い芸人・光浦靖子による作品展「男子がもらって困る・子供がもらって、そうでもない ブローチ展」が、表参道ヒルズの新情報発信スペース「表参道ヒルズ ポケット(OMOTESANDO HILLS POCKET)」にて6月5日から22日まで開催される。

会場では新作を含む100点超の作品を展示し、初の展示作品販売(新作ブローチ5点)も実施。6月7日14時よりゲストの千秋を迎えてトークイベントと書籍サイン会を開催し、21日には光浦本人による手芸ワークショップ(参加費3,000円、先着20名)を14時と16時より行う。光浦が所属する手芸女子集団「ブッス!!手芸部」による物販も同時開催し、メンバーのパネルを背景に記念撮影できるフォトスポットも設置。

光浦は幼少時よりフェルトマスコットに熱中し、成人してからはミシンで巾着袋などを制作。2007年にニードルフェルトと出合いブローチに専念。「夢と希望と愛を込めて」作ったブローチをタレント仲間などに配布している。12年に初の手芸本『男子がもらって困るブローチ集』、14年1月にはエッセイやフォトストーリーも加えた第2弾『子供がもらって、そうでもないブローチ集』(共にスイッチ・パブリッシング刊)を発表。作品は合同展示会「ルームス(rooms)」などで展示され話題を呼んだ。

OMOTESANDO HILLS POCKETは表参道ヒルズ本館3階中央オープンスペースに開設。クリエーターの作品展示や新プロジェクトの発表などを発信していく。会場の基本構成とロゴデザインは、建築家・村山圭率いるクリエーターユニット「ファミリー(PHAMILY)」が手掛ける。

光浦靖子の“もらって困る”ブローチ展、表参道ヒルズで開催。本人と作れるイベントも

《くまがいなお》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)