東京の銀座通りの歩道は自転車通行不可

生活・健康 交通・クルマ

左が自転車も通行していい歩道、右が自転車通行不可の歩道
  • 左が自転車も通行していい歩道、右が自転車通行不可の歩道
  • 【なくせ!自転車事故】東京の銀座通りの歩道は自転車通行不可
自転車は道路交通法では軽車両として扱われるため、原則的に車道の左側を、もしくは通行人の妨げにならないように路側帯を、自転車道がある場合はそこを走行しなければならない。歩行者の安全を確保するのが目的だ。

たとえば有名なところでは、東京の銀座通りの歩道は自転車通行不可だ。標識画像「右」が歩道脇に設置されているので、そんな場合は歩道を自転車で走ってはいけない。

ただし自転車でも歩道を走っていいケースがある。標識画像「左」があるところ。歩道に自転車通行帯が明示されているところ。こどもたちやお年寄り、車道通行が困難な場合など。

もちろん自転車を降りて押せば歩行者扱いになるので、どんな歩道も通行することができる。

【なくせ!自転車事故】東京の銀座通りの歩道は自転車通行不可

《編集部@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)