絵本「くまのがっこう」と「ふうせんいぬティニー」の映画化が決定

趣味・娯楽 その他

人気絵本「くまのがっこう」と「ふうせんいぬティニー」の映画化が決定した。『映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ』と『ふうせんいぬティニー なんだかふしぎな きょうりゅうのくに』の二本立てで、8月25日より全国東宝系にて公開される。

「くまのがっこう」は文・あいはらひろゆき、絵・あだちなみによる絵本シリーズだ。11ひきの優しいお兄ちゃんくまと、いたずら好きなくまの女の子・ジャッキーの日常を柔らかいタッチで描いている。2002年8月の第1巻発売以来、中国、台湾、韓国、フランスなど海外でも出版され、シリーズ累計発行部数は210万部に達した。
2010年には映画『くまのがっこう ~ジャッキーとケイティ~』を公開、2013年からはNHK Eテレにてスピンオフアニメ「がんばれ! ルルロロTINY★TWIN★BEARS」の放送がスタートした。

「ふうせんいぬティニー」は川村元気と佐野研二郎の共著で、雲の上にある「ふうせんどうぶつ」たちの世界に迷い込んだ小犬のティニーの冒険を描いている。こちらも2014年にNHK Eテレでテレビアニメが放送されたヒット作である。
初の映画化となる今回は、地上に戻ったティニーのもとに、きょうりゅうのたまごが落ちてきたことから物語がスタートする。ティニーを待ち受ける「ふうせんきょうりゅう」の世界は一体どのような場所なのだろうか。

映画ポスターは上段にジャッキー、下段にティニーが描かれたキュートな1枚となっている。『映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ』は監督・児玉徹郎、アニメーション制作・バンダイナムコピクチャーズが担当。『ふうせんいぬティニー なんだかふしぎな きょうりゅうのくに』は監督・稲葉大樹、アニメーション制作・クラフターが担当する。

『映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ』
原作:あいはらひろゆきあだちなみ
監督:児玉徹郎
脚本:あいはらひろゆき
制作:バンダイナムコピクチャーズ
製作:映画くまのがっこう製作委員会

『ふうせんいぬティニー なんだかふしぎな きょうりゅうのくに』
原作:川村元気佐野研二郎
監督:稲葉大樹
脚本:うえのきみこ
演出:酒井浩史、大桃洋祐、松村麻郁、徳永真利子
音楽:中岡将二郎
制作:クラフター
製作:「ふうせんいぬティニーなんだかふしぎなきょうりゅうのくに」製作委員会

8月25日(金)全国東宝系ロードショー
(c)2017 BANDAI/The Bears’ School Movie Project
(c)2017 Genki Kawamura & Kenjiro Sano / Tinny Movie Project

「くまのがっこう」と「ふうせんいぬティニー」の映画化が決定 8月25日に同時上映スタート

《高橋克則》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)