7/15「カーズ/クロスロード」公開、短編の舞台は学校の運動場

趣味・娯楽 未就学児

(c)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • (c)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
7月15日公開の映画『カーズ/クロスロード』の同時上映作品『LOU』(ルー)の内容が明らかになった。学校の運動場が舞台の心温まるストーリーを楽しめる。

ディズニー/ピクサー作品では本編前に上映される短編アニメーションも人気を博している。過去12回にわたってアカデミー賞にノミネートされるなどクオリティの高さに定評があり、短編の監督を務めたのちに長編を手がけるクリエイターも多い。それゆえに短編は新たな才能の発掘の場としても注目されており、次世代を担うクリエイターの登竜門と言われている。
『カーズ/クロスロード』と同時上映作品される『LOU』は、本作が監督デビューとなるデイヴ・マリンズの作品である。彼は2000年にピクサーに参加して以来、『ファインディング・ニモ』、『Mr.インクレディブル』、『レミーのおいしいレストラン』などの人気作を手がけてきた。『カールじいさんの空飛ぶ家』ではディレクティング・アニメーターを務め、大人も感動させる手腕を発揮した。『LOU』では長編アニメーションで培った実力が披露されている。


本作は子供たちが遊びまわる休み時間の運動場が舞台。誰もが懐かしい思い出に浸ってしまうような場所だが、みんなのおもちゃを自分のリュックに隠してしまうイジメっ子が現われて雰囲気は一変してしまう。
そんなイジメっ子の行く手をはばむのは、忘れもの預かりボックスに潜む不思議な生き物だ。野球ボールの目と赤いフードの顔が愛らしい謎の生き物は、イジメっ子の蛮行にどう立ち向かうのだろうか。二人の交流の先には思いがけないラストが待ち受けていることも明かされている。『カーズ/クロスロード』と同様に、こちらも心温まる作品になりそうだ。

『カーズ/クロスロード』
7月15日全国ロードショー

(c)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ピクサーの短編「LOU」先行映像公開 「カーズ/クロスロード」と同時上映

《高橋克則》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)