東京都立高校のH30年度1学期転学・編入学、日比谷など171校で募集

教育・受験 高校生

 東京都教育委員会は平成30年3月1日、平成30年度(2018年度)第1学期都立高校の転学・編入学募集について発表した。全日制では、日比谷、西、国立、戸山など171校で、第2学年1,039名、第3学年2,001名の計3,040名を募集する。

 東京都では、都外からの転住、海外からの帰国、被災地域からの転学などのほか、高校入学後の進路変更希望などにも対応した転学・編入学募集を行っている。

 募集は、保護者の転勤などによる都外からの一家転住者が対象の「区分1」と一般募集枠の「区分2」に分けられ、「区分1」の該当者は「区分2」にも応募できる。募集学年は第2学年または第3学年。

 今回の募集校数および募集人員は、全日制が171校3,040名、定時制が55校3,596名。このうち、全日制普通科は128校で、第2学年672名、第3学年1,184名の計1,856名。

 学校別の募集人員は、日比谷が第2学年「区分2」で2名、第3学年「区分1」で1名・「区分2」で2名。西が第2学年「区分1」で2名・「区分2」で1名、第3学年「区分2」で1名。国立が第2学年「区分1」で2名・「区分2」で2名、第3学年「区分1」で1名・「区分2」で2名など。

 海外帰国生徒対象は、三田が第2学年1名・第3学年1名、竹早が第2学年1名・第3学年1名、日野台が第3学年2名を募集する。

 受付期間や選抜日、学力検査科目などは学校により異なる。入学考査料は全日制2,200円、定時制950円。なお、都外の災害救助法適用地域に住所を有する者が受検する場合の入学考査料などは免除とする。

 出願にあたっては、事前に志願先の都立高校で単位の照合を行い、応募資格の有無などを確認する必要がある。提出書類や手続きの詳細については、志願先の都立高校のほか、都立高校入試相談コーナー、東京都教育相談センターでも問合せを受け付けている。
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)