リセマム6周年

東京都がノロウイルス感染性胃腸炎の流行警報発令、注意呼びかけ

生活・健康 健康

都内における感染性胃腸炎の報告件数(150小児科定点医療機関)
  • 都内における感染性胃腸炎の報告件数(150小児科定点医療機関)
  • 都内における感染性胃腸炎の集団発生事例報告件数 2010年第48週まで
  • 都内における感染性胃腸炎の保健所別発生状況 2010年第48週
 東京都は12月9日、ノロウイルスなどを原因とする感染性胃腸炎について、平成22年第48週(11月29日~12月5日)に都内の患者報告数が流行警報基準に達したと発表した。

 流行警報基準は、1定点あたり20人を超えたすべての保健所の管内人口の合計が、東京都の全人口の30%を超えた場合としている。

 発表によると、都内150小児科定点医療機関からの報告による第48週の患者数は1定点あたり17.8人。患者報告数が20人を超えたのは都内31保健所中9か所で、管内人口の合計は東京都全体の33.19%になっているという。

 今シーズンの都内の施設における集団発生は、12月5日までに86件確認された。これは、9月6日以降に保健所が把握した事例で、同一施設の患者数が10人以上で、かつ病原体が検査確認されている事例の集計である(食中毒事例を除く)。

 東京都では、冬に流行するノロウイルスやロタウイルスなどによる感染性胃腸炎の予防のポイントを示すとともに、手洗いの徹底等により感染拡大防止に努めるよう呼びかけている。
 
 また、さらに詳しいノロウイルスに関する情報を感染症情報センターで公開している。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)