リセマム6周年

法務省が緊急メッセージ「被災者差別は人権侵害」

生活・健康 その他

法務省
  • 法務省
 法務省人権擁護局 は4月21日付けで、「放射線被曝についての風評被害に関する緊急メッセージ」を発表した。

 原発事故のあった福島県からの避難者がホテルで宿泊を拒否されたり、ガソリンの給油を拒否されたりするほか、小学生が避難先の小学校でいじめられるといった新聞等の報道を受けて発表したもの。

 「根拠のない思い込みや偏見で差別することは人権侵害につながる」とし、「相手の気持ちを考え、やさしさを忘れず、みんなでこの困難を乗り越えていきましょう」としている。
《田村麻里子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)