リセマム6周年

【e-Learning Korea】600万ウォンで実現する教室のデジタル化

教育ICT 学校・塾・予備校

DLPシステム
  • DLPシステム
  • idesk
  • マイク。無線タイプもある
  • マイクを利用
  • 授業を開始
  • 「START」ボタンにタッチ
  • プロジェクターの準備が開始
  • 教卓
 韓国ソウルで開催中の「e-Learning Korea 2011」でDLPシステムは、「600万ウォン(約45万円)で実現する教室のデジタル化」と題する展示を行っている。

 デジタル教卓「idesk」もしくは「e STATION」を導入すれば、電子黒板(既存のホワイトボードを使用)・マイク(有線・無線)・コントローラー・教卓の利用が実現するというもので、電子黒板にはデジタルペンと従来のホワイトボード用ペンの両方が利用可能という。

 教卓のタッチパネルには、「START」「END」ボタンが用意されており、説明員によると、「START」ボタンにタッチすることで天井に設置してあるプロジェクターの準備が開始され、約3秒で授業を始めることができるという。同様に「END」ボタンにタッチすることで、授業終了後の片付けも素早く行えると説明する。

 教室の設備を大きく変更せずに、低価格で教室のデジタル化を実現したいという要望に応える製品という。
《田村麻里子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)