リセマム6周年

【e-Learning Korea】絵本を映像化・音声付きで壁に投影…100タイトル無料も

教育ICT その他

Storybeam。明るいため見えづらいが壁に投影されている
  • Storybeam。明るいため見えづらいが壁に投影されている
  • 想定シーン。ベッドに入って絵本を楽しむ
  • Smart Penでタッチしてタイトルを読み上げる
  • ここでは犬の鳴き声が再生された
 韓国ソウルで開催の「e-Learning Korea 2011」で、出版社のWoongjinは、絵本を映像化してナレーションやBGMをつけ投影できる「Storybeam」や、絵本の文字や絵を指すと音声を再生する「Smart Pen」を出展していた。

 「Storybeam」は、幼い子どもが寝る前に、天井や壁に投影するような利用を想定した製品で、ナレーションを保護者の声に吹き替えることもできることから、特に共働きの家庭からの評価が高いという。

 価格は399,000ウォン(約28,000円)で、購入時に絵本20冊分のデータが保存されている。その他の絵本コンテンツもホームページにて提供されており、100タイトルまで無料でダウンロードできるそうだ。なお、映画を保存して楽しんだり、テレビに映すこともできるのだという。

 100タイトルもの絵本データを無料提供して、本の販売への影響はないのかと聞いてみたところ、「これを見て、絵本が読みたくなり購入するお子さんもいます」との回答が返ってきた。

 「Smart Pen」は、見た目は通常の絵本と何ら変わりはないが、印刷技術により音声データが埋め込まれた絵本の文字や絵にタッチすると、ストーリーや動物の鳴き声など、ストーリーに関連する音声が再生されるというもの。英語の絵本で利用すれば、リスニングの学習にもなる。価格は43,000ウォン(約3,000円)で、ブースに展示されていた多くの絵本がすでに対応済みという。
《田村麻里子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)