リセマム6周年

横浜市で検出された放射性ストロンチウムとは?

生活・健康 健康

 横浜市港北区で検出された放射性ストロンチウム。福島第1原発から100キロ圏外、しかも250キロ離れた横浜で検出されたとあって、心配の声が高まっている。ところで「放射性ストロンチウム」とはどういったものなのだろうか。

 NHK科学文化部が配信しているNHK「かぶん」ブログでは、この放射性ストロンチウムについてミニ解説している(4月13日付け)。

 それによると、放射性ストロンチウムには、半減期が29年のストロンチウム90と、50日のストロンチウム89があるという。

 また「大気中に放出されると、牧草や野菜に付着し、とくに牧草を食べた牛の牛乳を通じて、体内に入り込むおそれがある」こと、「カルシウムと性質が似ているため骨に蓄積して、長期間にわたって放射線を出し続け、がんを引き起こすおそれがあるとされている」ことなどが紹介されている。
《編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)