ドコモ、セブン-イレブンやイトーヨーカドーで公衆無線LANを提供

デジタル生活 モバイル

「ドコモ公衆無線LANサービス」サイト(画像)
  • 「ドコモ公衆無線LANサービス」サイト(画像)
  • ドコモ公衆無線LANサービスが利用できるマーク
 NTTドコモは16日、東京23区内のセブン&アイ・ホールディングスグループの一部店舗にて、順次ドコモの公衆無線LANサービスの「Mzoneエリア」を提供することを発表した。17日より提供を開始する。

 「Mzoneエリア」は、ドコモ公衆無線LANサービスが利用できるエリアのこと。「Xi」(クロッシィ)、FOMAの契約がなくても、定額制料金プランで利用できる公衆無線LANサービス「Mzone」などで利用されている。

 今回新たに利用可能エリアとして、東京23区内のセブン-イレブン約1,300店舗(12月17日時点では約550店舗)、東京23区内のイトーヨーカドー、そごう・西武、デニーズなど約100店舗(12月17日時点では約10店舗)が加わる。2013年2月までに全国約14,000店舗への拡大を予定している。

 今後ドコモは、コンビニエンスストアやカフェ、鉄道駅など、利用頻度が高いエリアを中心とし、セブン&アイグループの一部店舗を含めた約7,500個所から、2012年度上期中に約3万個所まで拡大を進めていく予定。将来的には10万個所程度へ拡大を目指す。

「セブン-イレブン」「イトーヨーカドー」などの店舗で、ドコモの公衆無線LANが利用可能に

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)