AQUOS クアトロンに国内最大サイズ80型など3D液晶6機種追加

デジタル生活 その他

「LC-80GL7」
  • 「LC-80GL7」
  • 「LC-70GL7」
  • 「LC-60G7」
  • 「LC-52G7」
  • 「LC-46G7」
  • 「LC-40G7」
  • ホーム画面のイメージ
  • 「新・裏番組表」のイメージ
 シャープは18日、液晶テレビ「AQUOS クアトロン」の新商品として、国内最大級の80型モデルなど「G」シリーズ6機種を発表した。販売開始は60型~40型が6月10日。80型と70型は6月20日。価格はオープン。

 ラインアップと予想実売価格は、80型「LC-80GL7」が950,000円前後、70型「LC-70GL7」が650,000円前後、60型「LC-60G7」が350,000円前後、52型「LC-52G7」が280,000円前後、46型「LC-46G7」が230,000円前後、40型「LC-40G7」が160,000円前後。

 80型「LC-80GL7」は画面サイズが幅177.1×99.6cm、対角203.2cmでたたみ一畳分の大きさに相当し、国内で市販されている液晶テレビにおいて最大のサイズとなる。(2012年4月 同社調べ)。

 全機種共通で新開発の「829万サブピクセル駆動システム」も採用し、シーンごとに輪郭・明るさ・色を解析し細部を補正した鮮明な映像表現を可能としている。また、従来機種「Z」シリーズとの比較で、約2倍速で映像処理が可能な画像エンジン「高画質マスターエンジン プロ」を搭載。さらに、「240フレッドスピード」の搭載により、液晶パネル駆動とLEDバックライトを制御することで、高速な映像でも残像が減少できるという。

 音声では「新・AudioEngine 音声LSI」をAQUOSのスピーカーシステム用に最適化し、周波数と位相の乱れを補正することで、聴き取りやすく自然な表現を可能にしたという。また、同時に反響する仮想音を組み合わせる倍音合成技術「HeX(エイチエックス)」により低音部分の再生も拡張している。

 ホーム画面の表示機能では、番組情報とインターネットからの情報を一覧で表示する「ビジュアル モーションガイド」を採用。登録したキーワードから番組や、インターネット上の関連情報を探すことが可能。また、番組を視聴中でも、他のチャンネルのサムネイルとタイトルを一覧で表示する「新・裏番組表」に対応する。

 そのほかの特徴として、AQUOS PHONEで撮影した画像や動画を、直感的な操作でテレビの画面に映すことができる「スマートファミリンク」に対応。また別売りの3Dメガネを使用することで3D視聴も可能。

 共通の仕様として、解像度は1,920×1,080ピクセルのフルHD。スピーカーの最大出力は20W(10W×2)。インターフェースはHDMI×4/USB×3/D5/AV/LANなど。

 「LC-80GL7」「LC-70GL7」の重さは未定で、スタンドを含む本体サイズは「LC-80GL7」が幅186.2×高さ114.5×奥行き44.5cm。「LC-70GL7」は幅161.3×高さ100.8×奥行き31.4cm。

 そのほかの機種のスタンドを含む本体サイズは、「LC-60G7」が幅138.3×高さ88.8×奥行き37.6cm、重さは約35kg。「LC-52G7」が幅120.6×高さ78.7×奥行き29.9cm、重さは約26.5kg。「LC-46G7」が幅107.2×高さ71.1×奥行き29.9cm、重さは約22.5kg。「LC-40G7」が幅93.8×高さ63.6×奥行き27.4cm、重さは約16.5kg。

シャープ、国内最大サイズの80型など3D液晶テレビ「AQUOS クアトロン」6機種

《丸田@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)