みずほ銀行、タッチパネル式テーブル型端末を店舗に試験導入

デジタル生活 その他

タッチパネル式テーブル型端末の活用イメージ
  • タッチパネル式テーブル型端末の活用イメージ
  • 画面表示の例
 みずほ銀行は18日、富士通と共同で開発した、新しいプレゼンテーションツール「タッチパネル式テーブル型端末」を、みずほ銀行の店舗に試行導入することを発表した。

 第一弾として5月21日より、茨城県守谷市に新規出店する「みずほ銀行守谷支店」のプレミアムサロン(個室窓口)に設置する。「タッチパネル式テーブル型端末」は、対面セールス窓口向けの情報端末として基本機能を富士通グループが開発した端末であり、高精細大画面、マルチタッチ対応、対面セールス支援などの機能を備えている。

 27インチサイズで2560×1440ドットの高解像度を実現し、A3サイズの実寸表示や、極小サイズ文字の視認性を確保したのが特徴。また20点マルチタッチパネルを採用しており、ユーザビリティを考慮した柔軟な操作を実現した。金融商品カタログなどを、直感的なタッチ操作でプレゼンテーションできるという。またWebおよびExcelとの連携、説明内容に応じた画面表示の反転(客方向/行員方向)などの機能も標準搭載する。

みずほ銀行、富士通と共同開発した「タッチパネル式テーブル型端末」を店舗に導入

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)