中高教育関係者対象「グローバル人材の育成を共に推進する会 」シンポジウム

教育・受験 その他

グローバル人材の育成を共に推進する会 第1回シンポジウム
  • グローバル人材の育成を共に推進する会 第1回シンポジウム
  • NPO法人国際教育振興協会(webサイト)
 私立中学・高校および国公立高校関係者を対象とした「グローバル人材の育成を共に推進する会 第1回シンポジウム」が11月4日、梅田センタービル(大阪市北区)で開催される。主催はNPO法人国際教育振興協会、参加は無料。

 「グローバル人材」という数年前にはあまり耳にしなかった言葉に込められた期待感は、英語を中心とした語学力から、一般教養、リーダーとしての資質に至るまでさまざまだという。

 今回のシンポジウムでは、これから10年、20年を見据えるとき、次の社会の担い手である今の中高生にいかなる学びをどのような機会・手段を通じて与えるべきか、これからの社会の姿を想起しながら、具体的な行動計画を議論する機会。

 当日は、元ソニー最高経営責任者・出井伸之氏による基調講演「世界、アジア経済の未来から考える必要人財」、igs代表取締役・福原正大氏による講演「なぜ今『グローバル人財教育』なのか」に引き続き、和泉高校・中原徹校長や追手門学院中高・荒木貴之教頭による実践事例の紹介、パネルディスカッションなどが行われる。

◆グローバル人材の育成を共に推進する会 第1回シンポジウム
日時:11月4日(日)13:00〜16:10
会場:梅田センタービル(大阪市北区)
対象:私立中学・高校および国公立高校関係者
定員:150名(先着順・各学校2名まで)
参加費:無料
応募方法:Webサイトから申込用紙を印刷し、必要事項を記入の上、FAXにて
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)