東京2020大会マスコット、候補「ア」に決定…作者は谷口亮氏

教育・受験 その他

東京2020大会マスコット 小学生投票 結果発表会のようす(2018年2月28日 東京都品川区立豊葉の杜学園にて)
  • 東京2020大会マスコット 小学生投票 結果発表会のようす(2018年2月28日 東京都品川区立豊葉の杜学園にて)
  • キャラクターをデザインした谷村亮氏と審査会の中川翔子(しょこたん)委員。キャラクターのフィギュアが授与された
  • 最終候補案「ア」の作者である谷口亮氏
  • 東京2020大会マスコット、候補「ア」に決定。写真は2018年2月28日、東京都品川区立豊葉の杜学園で行われた発表会のようす
  • 最終候補案「ア」に投票した児童のコメント。「ア」の作者は谷口亮氏。
  • 最終候補案「イ」に投票した児童のコメント。「ウ」の作者は矢野花奈氏。
  • 最終候補案「ウ」に投票した児童のコメント。「ウ」の作者は秋元早苗氏。
  • 結果発表会に登壇した、東京2020組織委員会会長の森喜朗氏。「日本で初めて、世界で初めて、小学生の子どもたちが、オリジナルのマスコットを決めるという、大変なことをやっているんだよ。すごいんだよみんな。」と、児童に呼びかけた。
 2018年2月28日、東京都品川区立豊葉の杜学園で東京2020オリンピック・パラリンピックを盛り上げるマスコットキャラクターが発表された。16,769校の小学生による投票の結果、東京2020大会マスコットは「ア」に決定した。マスコット名は今後決定し、2018年夏に正式発表予定。

 東京2020大会マスコットのデザイン案への応募総数は2,042件。形式要件やデザインのチェック、マスコット審査会による審査などを経たのち、2017年12月7日に最終候補に選ばれた3作品が発表された。その後、同年12月11日から2018年2月22日まで、全国の小学校、インターナショナルスクールなどの小学生から投票を受け付け、最終マスコットを3作品決定した。投票学校数は16,769校、総投票数は205,755票だった。

結果発表会に登壇した、東京2020組織委員会会長の森喜朗氏。「日本で初めて、世界で初めて、小学生の子どもたちが、オリジナルのマスコットを決めるという、大変なことをやっているんだよ。すごいんだよみんな。」と、児童に呼びかけた。
画像:東京2020組織委員会会長の森喜朗氏。「日本で初めて、世界で初めて、小学生の子どもたちが、オリジナルのマスコットを決めるという、大変なことをやっているんだよ。すごいんだよみんな。」と、児童に呼びかけた。

 結果発表を前に、マスコット審査会座長の宮田亮平氏は「いよいよこの日がやってきた」と笑顔を見せた。マスコット審査会副座長の生駒芳子氏は、投票に協力した児童と、学校関係者へ感謝の意を表し、「これから(決定した)マスコットと東京2020大会を盛り上げていきたい」と述べた。

東京2020大会マスコット、候補「ア」に決定。写真は2018年2月28日、東京都品川区立豊葉の杜学園で行われた発表会のようす
画像:獲得票数が開示され、マスコットが「ア」に決定した瞬間

 投票の結果、東京2020大会マスコットは「ア」に決定。マスコット候補「ア」は、伝統と近未来をひとつに描いた“温故知新な”オリンピックキャラクターと、桜の触覚と超能力を持つクールなパラリンピックキャラクターのペア。インターネット上では、「スタイリッシュ」「桜が日本らしい」「近未来な感じがする」などの感想があがっていたほか、マスコットが持つ「瞬間移動」「超能力」という特殊能力が特徴的であることや、市松模様が日本らしさの表れであるとして、海外の一部報道でも取り上げられていた。

 実際に「ア」に投票した児童からは、「ゲームのキャラクターみたいでかっこいい」「戦隊ものみたいで親しみがある」「技術先進国の日本を象徴している」「スポーツが得意で盛り上げてくれそう」などの意見が寄せられた。

最終候補案「ア」の作者である谷口亮氏
画像:「大好きな奥さんに伝えたい」とコメントする谷口亮氏

 作者は、福岡県在住のキャラクターデザイナー・イラストデザイナーの谷口亮氏。これまで、ベネッセが展開する「チャレンジタッチ」のナビゲートキャラ「ニャッチ」や、Avex「キューティ★マミー」2ndシングルCDジャケットなどを手掛けた経歴を持つ。登壇した谷口氏は「頭の中が真っ白。何を言ったらいいかわからないんですけど、大好きな奥さんに伝えたい」とコメント。マスコット審査会からトロフィー、3Dマスコットフィギュアなどが授与され、笑顔を見せた。

キャラクターをデザインした谷村亮氏と審査会の中川翔子(しょこたん)委員。キャラクターのフィギュアが授与された
画像:マスコット審査会メンバーの中川翔子氏(しょこたん)から3Dマスコットを手渡される谷口亮氏

 マスコットは今後、東京オリンピック・パラリンピックに関するイベントやライセンス商品、アニメーション作品への展開など、さまざまなシーンでの利活用と活躍が期待される。正式な発表は2018年夏を予定している。

◆東京2020大会 マスコット最終候補3案が選ばれるまで


◆東京2020 マスコット<最終候補紹介動画>


※編集部注:詳細を追記しました。(2018年2月28日14:25)
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)