英検、2016年度第1回(6/10-12)実施分の合否結果・成績表の閲覧開始

 日本英語検定協会は6月24日、「2016年度第1回実用英語技能検定(英検)一次試験」の合否閲覧サービスを英検Webサイトで提供開始した。閲覧には、本人確認票に記載されている英検IDとパスワードが必要。

教育・受験 その他
日本英語検定協会 英検
  • 日本英語検定協会 英検
  • 英検 試験結果・各種証明
  • 英検IDの記載場所 受験票・本人確認票
  • 【準会場受験者専用】個人番号・暗証番号の記載場所 解答用紙・問題冊子(控え)
 日本英語検定協会は6月24日、「2016年度第1回実用英語技能検定(英検)一次試験」の合否閲覧サービスを英検Webサイトで提供開始した。閲覧には、本人確認票に記載されている英検IDとパスワードが必要。6月24日午後2時現在、公開されているのは団体受験分。個人受験分は午後3時から公開予定。

  2016年度第1回検定の一次試験は、本会場で6月12日に1級~5級のすべての級、準会場で6月10日~12日に2級~5級を実施した。二次試験は、3級以上の一次試験合格者および一次免除の出願者を対象に7月10日に行われる。合格点の掲載は6月13日に行われた。

 合否閲覧サービスは、本人確認票に記載されている英検IDとパスワードが必要。成績表に記されている「英検CSEスコア」は、国際基準規格CEFRに対応しており、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を各1,000点満点とし、合計0点から4,000点のスコアを表示するもの。

 合否結果・成績表の閲覧サービスは6月24日午後2時現在、団体受験分が掲載されている。個人(公開会場)は午後3時以降、個人(準会場)は午後4時以降に開始予定。二次試験の合否結果・成績表の閲覧は7月19日、団体は午後2時以降、個人は午後3時以降を予定している。

 次回、2016年度第2回検定は、本会場での一次試験が10月9日、二次試験が11月6日に実施される。受付期間は8月1日~9月16日。書店は9月14日締切。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)