おめでとうコール・メールはなるべく控えて…タツとヘビがお願い

デジタル生活 モバイル

おめでとうコール・メールはなるべく控えて…タツとヘビがお願い
  • おめでとうコール・メールはなるべく控えて…タツとヘビがお願い
 電気通信事業者協会(TCA)、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・アクセスは12月26日付けで、「おめでとうコール・メール」に関する協力を呼びかけている。

 大晦日から元日の午前0時前後から約30分間は、「おめでとうコール」や「おめでとうメール」が集中し、ケータイが繋がりにくくなり、メールについては約2時間にわたる遅延が発生する可能性があることから、大晦日から元日の約2時間は、「おめでとうコール・メール」をなるべく控えてほしいとしている。

 TCAのWebサイトでは、「タツから最後の、ヘビから最初のお願い」として、協力を呼びかけるとともに、通話・メール通信ができない可能性や、メール配信遅延の可能性がある時間帯を紹介している。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)