米自動車最大手GM、スタンフォード大学の自動車研究センターに参画

生活・健康 交通・クルマ

GMのマリー・バーラ副社長
  • GMのマリー・バーラ副社長
米国の自動車最大手、GMは5月17日、米スタンフォード大学の自動車研究センターに参画すると発表した。

スタンフォード大学は2008年、次世代自動車の研究センター、「CARS」を設立。同大学のセバスチャン・スラン教授をリーダーに、自動運転車(いわゆるロボットカー)などの開発を進めてきた。

現在、ロボットカーの研究開発の最先端を行くのが、インターネット検索大手のグーグル。同社のロボットカープロジェクトを主導してきたのも、スタンフォード大学のセバスチャン・スラン教授だ。

今回、GMは、スタンフォード大学の自動車研究センターに参画することを決定。同大学の優れた人材と共同で研究開発を行うことで、次世代自動車の早期実用化を目指す。

GMのグローバル商品開発担当、マリー・バーラ上級副社長は、「スタンフォード大学の自動車研究センターへの参画は、GMにとって自然な成り行き。世界最高の自動車を作るために、ベストを尽くす」とコメントしている。

GM、米スタンフォード大学の自動車研究センターに参画

《森脇稔@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)