5月に皇居吹上御苑で自然観察会、参加者を2/19まで募集

趣味・娯楽 その他

宮内庁「皇居吹上御苑での自然観察会の申込要領」
  • 宮内庁「皇居吹上御苑での自然観察会の申込要領」
  • 自然観察会コース
 宮内庁は5月4日(日)と5日(月・祝)、皇居吹上御苑での自然観察会を開催する。専門家を講師に迎え、梅林・クヌギ林、地主山など、1周1,300mのコースを回る。対象は4日が中学生以上、5日が小学4年生から6年生。参加費は無料。

 この自然観察会は、皇居の自然に触れることにより国民の理解を深めるため、「みどりの月間」の一環として行われる。吹上御苑は江戸時代に庭園として整備・管理されるようになり、昭和になってから、武蔵野風の自然を取り戻すことを意識しできるだけ手をかけない形の管理が行われるようになった。現在、タヌキ、モグラ、野鳥など多くの生物が生息しているという。

 当日は皇居桔梗門前に集合し、窓明館で事前説明を受け、吹上御苑へバスで移動。皇居の生物相調査を実施した国立科学博物館研究員など専門家が講師となり、解説を受けながら徒歩でコースを回る。

 申込方法は、必要事項を記入した往復郵便はがきを郵送する。1件あたりの申込人数は、4日は4人まで、5日は10人まで。対象となっている学年は実施日における学年が基準となる。締切は2月19日(水)まで、応募者多数の場合は抽選。

◆「みどりの月間」皇居吹上御苑での自然観察会
日時:5月4日(日)、5日(月・祝)
第1回 9:20、第2回 12:20、第3回 14:30
会場:皇居吹上御苑(集合は桔梗門前)
対象:4日は中学生以上、5日は小学4年生から6年生まで。
募集人数:各回30人
締切:2月19日(水)当日消印有効
参加費:無料
申込方法:(1)希望日(2)希望回(3)氏名(4)郵便番号(5)住所(6)年齢(7)電話番号を記入した往復郵便はがきを、「日本郵便宮内庁内郵便局留め 管理課自然観察会担当」あてに郵送。詳細は宮内庁ホームページまで。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)