早大・熊本大・マラヤ大の共同チームが恐竜化石を発見、マレーシア初

趣味・娯楽 その他

昨年8月にパハン州で発見された化石の一部について、マラヤ大学と日本の大学の合同チームがこのほど、恐竜の歯の化石と確認した。恐竜の化石が発見されたのはマレーシアではこれが初めて。

マラヤ大学の曽根正敏 準教授と早稲田大学、熊本大学の合同チームが、昨年8月に発見した。化石のサイズは長さ23ミリメートル、幅10ミリメートルほど。1億4,500万-6,500万年前の白亜紀のものと思われ、半水棲恐竜で魚を常食していたスピノサウルスの歯ではないかとみられる。

マレーシア初の恐竜化石、馬&日合同チームが確認

《伊藤 祐介@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)