触った“硬さ”を伝達できるシステム、NHKと東大が開発

デジタル生活 その他

物体の硬さの触感覚伝達システムの模式図
  • 物体の硬さの触感覚伝達システムの模式図
 日本放送協会(NHK)と東京大学は22日、物体の形状と硬さの両方を非接触で測定し、物体を触った感覚(触感覚)を仮想的に再現できるシステムを共同開発したことを発表した。

 NHKは、物体の形状を再現する触・力覚ディスプレイの研究を進めていたが、今回、東京大学が新たに開発した物体の形状と硬さの両方の分布を測定できる装置と組み合わせることで、形状だけでなく硬さの違いも分かりやすく再現できるシステムを実現した。

 レーザー変位計と超音波を組み合わせることで離れたところから物体の形状と硬さの分布を非接触で測定しモデルを作成。触・力覚ディスプレイにより、指先に複数の点の刺激として与えることで、 物体を触った感覚を再現する。作成モデルを仮想映像として映し出すことで、物体に直接触った感覚をより向上させることもできる。

 この研究成果は、5月29日~6月1日に開催される「技研公開2014」に展示される予定。
《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)