ドコモの新料金プラン、事前予約120万件を突破

リサーチ 教育

「カケホーダイ&パケあえる かんたんシミュレーション」ページ
  • 「カケホーダイ&パケあえる かんたんシミュレーション」ページ
  • 新料金プラン料金表
 NTTドコモは、新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の基本プラン「カケホーダイプラン/データプラン」の事前予約が、予約開始10日間で100万件を突破し、5月25日時点で約120万件になったことを公表した。

 「カケホーダイプラン」は、国内の音声通話を定額で利用できるドコモの新プラン。「データプラン」は、データ通信のみ利用の場合の定額プランだ。「カケホーダイプラン/データプラン」は、6月1日から提供開始だが、5月15日から事前予約の受け付けを開始。以降は1日10万契約ペースが続いており、長期契約者の優遇が好評だという。

 「スマホは通話料が高い」という声は、従来より多かったが、この春にドコモから発表された新プランは、大きな反響を呼んだ。新料金プランは、ドコモが6月下旬より順次提供を開始する高品質・低遅延の通話サービス「VoLTE」にも対応しており、安定した通話が見込めるというのも、期待が高まった理由と思われる。

 加えて、ドコモは、新しい割引サービス「ずっとドコモ割」や「U25応援割」についても6月1日より提供を開始する。「ずっとドコモ割」は、家族の中で一番長くドコモを利用した人の利用年数にあわせて、データ通信量を家族間や同一法人間で分け合える「シェアパック」の利用料金が最大2,000円割引される。「U25応援割」は、25歳以下のお客様の基本プランを500円割引し、ボーナスパケットを毎月1GBずつプレゼントする割引サービスとなる。ドコモでは、これらの新料金プランを試算できる「カケホーダイ&パケあえる かんたんシミュレーション」ページも公開中だ。

 すでに2014年夏の新端末も発表されている。インターネットやアプリ活用というスマホのセールスポイントに加えて、改めて“音声通話”での原点回帰に焦点が当たりそうだ。
《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)