ディズニー最新作「ベイマックス」今冬公開が決定

趣味・娯楽 その他

『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
『アナと雪の女王』で映画史を塗り替える大ヒットを記録しているウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ。改めて注目を集めているディズニーの最新作となる映画『ベイマックス』(原題:Big Hero 6)が今冬、公開されることが決定! さらに、本作のストーリーと最新ビジュアルも解禁となった。

先日、本作の海外からの情報が日本でも広く報じられたが、本作の主人公は“日本人”…ではなく、心と身体を癒すために作られたケア・ロボット“ベイマックス”だ。ディズニーが今回公開したベアマックスの情報は6つ。

特徴1:つぶらな瞳は“日本の鈴”をイメージしたデザイン
特徴2:ロボットなのに風船みたい膨らむ柔らかボティ
特徴3:丸くて大きくて、ゆっくりとしたカワイイ動き
特徴4:戦闘力も戦闘意欲もゼロの優しい性格
特徴5:苦しんでいる人を“癒やさずにはいられない”

また、ディズニーが日本の文化にインスパイアされ生み出したという本作の設定やストーリーも今回明らかに!

舞台は、サンフランシスコと東京が融合したかのような架空都市・サンフランソーキョー。随所に日本の影響がみられるこの都市では、東西の文化が融合し、最新技術分野の頭脳とも言える人材が集まっている。この都市に住む14歳の天才少年・ヒロと兄のタダシは、幼い頃に両親を亡くした2人きりの兄弟。

しかしある日、タダシは謎の事故によって帰らぬ人となり、ひとりぼっちになったヒロは深く心を閉ざしてしまう──。

そんな傷心のヒロの前に突如現れた、空気で膨らんだ白くて大きな体を持つベイマックス。彼は、亡き兄が人々の心と体の健康を守るために開発したケア・ロボットで、苦しんでいる人を“癒やすことしかできない”ロボットだった。「どのくらい痛いですか?」「泣きたい時は泣いていいのですよ」…ひとりぼっちのヒロに寄り添う“ベイマックス”のやさしさに少しずつ元気を取り戻しヒロは、兄の死に疑問を抱き、その謎を追い始めることに。

謎を追ううちに世界の脅威となる巨悪の存在に気づいたヒロは、兄のために戦う決意をする。しかし彼の味方は戦闘能力も戦闘意欲もゼロの、優しすぎるベイマックスだけ…。“戦わないこと”を運命づけられた、優しすぎるロボット──彼は世界を救うことができるだろうか? そして、亡き兄・タダシがベイマックスに託した本当の“使命”とは?

ロボットが登場するからには、激しいバトルを思わず期待してしまうが、白くて・丸くて・大きくて・柔らかくて…見ているだけでも癒される究極のケア・ロボットのベイマックスが主人公とあって、果たしてどんな“大活躍”を見せてくれるのか? 新たなディズニー・キャラクターの登場に今後も注目が集まりそうだ。

『ベイマックス』は2014年冬、全国にて公開。

ディズニー最新作『ベイマックス』今冬公開に! 最新ビジュアル&ストーリーも解禁

《text:cinemacafe.net》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)