45%が自転車通学、「安全に楽しむ」デンマークの自転車教育

生活・健康 交通・クルマ

Children cycling in Denmark
  • Children cycling in Denmark
  • Children cycling in Denmark
約45%の子供たちが自転車通学をしているデンマーク。ここでは、ほとんどの子供が学校が始まる年齢から自転車に乗り始める。

学校では、交通ルールや道路の安全など教え始めている。

◆Three year old children on two wheels

デンマークの親は子供が3歳から6歳の間にサイクリングのトレーニングをスタートする。もちろん子供たちは、その前にすでに三輪車でペダリングは学んでいるので、次は補助輪なしで、二輪でさらにペダリングとバランス感覚を養る訓練をしていく。

家では、家族と共にサイクリングの基本を、そして学校では、道徳的なことを学ぶという両方のサポートのもとにデンマークの子供たちは、小さいころから自転車に慣れ親しむようになる。

また、多くの大人が自転車に乗っているのを見ている子供たちの自転車への関心は高く、親とのサイクリングを楽しんでいるという。

危ないという視点ではなく、安全に楽しもうという積極的な姿勢が子供たちの自転車への興味を高めているようだ。

【世界の自転車データ】「危ないから学ぶ」のではなく、「安全に楽しむ」デンマークの自転車教育

《さくら 麻美@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)