【学校ニュース】農大「食と農」の博物館で開館10周年記念展示、学習院が講演会を開催ほか

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。9月22日は神田外語大学、北里大学、東京農業大学、学習院大学の情報を紹介する。

・【神田外語大学】神田外語大学の学生が9月4日、福島県天栄村の広戸小学校で外国語教育支援ボランティアを実施
 神田外語大学を率いる神田外語グループでは、2011年5月より「東日本大震災復興支援プロジェクト」を行っている。被災地の教育の一助となるべく、長年培ってきた実践的な語学教育に関するノウハウを生かし、外国語教育支援活動を通して被災地の人々に英語を楽しく学んでもらうというボランティア活動を過去3年間にわたって実施してきた。今回の福島県訪問は9月1日(月)~5日(金)の5日間の日程で実施。天栄村立広戸小学校以外にも、福島県内6か所(三春町=御木沢小学校・三春小学校、天栄村=天栄村幼稚園・湯本小学校・牧本小学校・大里小学校)で、同大学生17名が外国語教育支援ボランティアを行った。

・【神田外語大学】神田外語大学が第1回Global Carrer Seminarを開催――グローバルに活躍するゲストが講演
 神田外語大学(千葉市美浜区/学長 酒井邦弥)は、9月9日にGlobal Career Seminar「第1回僕らの考えるグローバリゼーション―海外での体験が君達を変える」(主催:同大キャリア教育センター)を開催。世界をフィールドにさまざまな分野で活躍する、松永エリック匡史氏(デロイトトーマツコンサルティング株式会社執行役員)、堀潤氏(8bitnews代表/ジャーナリスト)、朝倉祐介氏(株式会社ジョッキンゼー代表取締役社長/元mixi代表取締役社長)の3名をゲストスピーカーに迎え、世界へ飛び立つことの意義をテーマに講演をした。

・【北里大学】北里大学が伊勢丹浦和店の「秋の大北海道展」に出店――八雲牧場が育てた北里八雲牛の精肉、弁当、加工品などを販売、9月23日には健康セミナーも開催
 北里大学は、9月23日(火・祝)から9月30日(月)まで伊勢丹浦和店(さいたま市)で開催される「秋の大北海道展」に出店。北海道二海郡八雲町にある獣医学部附属フィールドサイエンスセンター八雲牧場が育てた北里八雲牛の精肉、弁当、加工品などを販売する。全国各地の百貨店で北海道展が開催されているが、北里八雲牛を購入できる北海道展は、伊勢丹のみ。

・【東京農業大学】東京農業大学「食と農」の博物館 開館10周年記念展示「バイオミメティクスを超えて!」―昆虫などの生き物や自然に学ぶものづくり―
 東京農業大学「食と農」の博物館(世田谷区上用賀2-4-28)では、平成26年10月1日より博物館開館10周年記念展示第2弾「バイオミメティクスを超えて!」―昆虫などの生き物や自然に学ぶものづくり―展を開催する。

・【学習院大学】学習院大学が10月4日に講演会「遺伝子の傷とがん」を開催――「としまコミュニティ大学」の一環
 学習院大学は10月4日(土)に講演会「遺伝子の傷とがん」を開催する。これは、豊島区と区内6大学が共同で展開している事業「としまコミュニティ大学」の一環として行われるもの。当日は理学部の花岡文雄教授がDNA修復の作用とそれにより期待されることについて講演する。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)