TOHOシネマズ六本木ヒルズが3月にリニューアル、映画ファンにアピール

趣味・娯楽 その他

「TCX」 (TOHO CINEMAS EXTRA LARGE SCREEN)(R)
  • 「TCX」 (TOHO CINEMAS EXTRA LARGE SCREEN)(R)
  • ドルビーアトモス
  • 米国クリスティ社製「ヴィヴ・オーディオ」
  • フロントリクライニングシートTM
  • プレミアラグジュアリーシートTM
2003年に誕生したTOHOシネマズ 六本木ヒルズが、2015年3月13日(金)にリニューアルオープンすることが発表された。開業から12年、六本木地区の映画文化を担ってきたが、鑑賞環境をさらにアップすることで映画ファンにさらにアピールする。
近年、都内繁華街に大型シネコンが次々にオープン、さらに今後も増える見込みだ。こうしたライバルに対抗する狙いもありそうだ。

まず注目すべきは「TCX」(TOHO CINEMAS EXTRA LARGE SCREEN)だ。「TCX」は独自規格であるラージスクリーンで、左右の壁から壁まで広がった巨大スクリーンであり、圧倒的な大画面で、迫力ある映像を見ることができる。
さらに床や壁、天井、シートなど目につく場所の色をダーク系に統一し、暗室効果を高めるようだ。同じ規模の座席数のスクリーンよりも120%画面サイズを拡大している。

シネマ音響はドルビー社が提供する「ドルビーアトモス」を使い、増設されたスピーカーがより臨場感溢れる自然でリアルな環境を作り出す。天井のスピーカーは高さを含む三次元的な表現が可能となり、スクリーン・チャンネルとサラウンド・チャンネルを同じクオリティで再生することが可能だ。
スピーカー毎に自在に音を配置し、移動が可能だ。この他にも日本で初の米国クリスティ社製「ヴィヴ・オーディオ」を導入したりと、音へのこだわりが熱い。

そしてTOHOシネマズ初の「プレミア ラグジュアリーシートTM」「フロント リクライニングシートTM」が設置される。「プレミア ラグジュアリーシートTM」は電動リクライニング シートで、よりゆったりとした空間で映画を楽しむことができる。「フロント リクライニング シートTM」は座席の最前列に配置され、リクライニングできることによりリラックスしながら前でしか味わえない大迫力を体感できる。
さらに日本橋で好評だった「プレミア ボックス シート」が登場する。革張りのシートに木目調のボックスで仕切られ、また違った空間で映画に没入ができる。

改装工事は2015年1月19日(月)から順次開始するそうだ。12年という年月を経て変わりゆく新しいTOHOシネマズ六本木ヒルズ、その独自性は今後も大いに期待できそうだ。

TOHOシネマズ
http://www.tohotheater.jp/

TM & (C) 2014 TOHO Cinemas Ltd. All Rights Reserved.

TOHOシネマズ 六本木ヒルズ15年3月にリニューアル 映像も、音響も、シートもグレードアップ

《animeanime》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)