東大公開研究会「学習効果を高める反転授業のデザイン」2/21開催

教育・受験 その他

FLIT第3回公開研究会「学習効果を高める反転授業のデザイン」
  • FLIT第3回公開研究会「学習効果を高める反転授業のデザイン」
  • セミナープログラム
  • 「反転学習とは」
  • 東京大学情報学環・反転学習社会連携講座(FLIT)HP
 東京大学情報学環・反転学習社会連携講座(FLIT)は、公開研究会「学習効果を高める反転授業のデザイン」を2月21日(土)に東京大学本郷キャンパスで開催する。参加費は無料、要事前申込み。定員は先着順で180名。

 近年日本でも、ビデオ学習と個別指導や恊働学習をブレンドさせた「反転授業(Flipped Classroom)」というキーワードが普及し、ICTを活用した新しい授業の形が広まりつつある。

 しかし、反転授業を効果的に展開させるためには、ただ講義ビデオを活用するだけで良いというわけではないという。講義ビデオの作成には、一定のノウハウが必要であり、またそれらを活用した対面授業においても、学習効果を高めるにはさまざまま工夫が必要となってくる。

 今回のセミナーでは、eラーニングと対面授業の「ブレンド型学習」の専門家である、早稲田大学人間科学学術院教授の向後千春氏をゲストに招き、学習効果を高めるための対面授業設計の工夫やICT活用法についての講演を実施する。後半では、アクティブラーニングと反転授業の研究を進めている関西大学教育推進部准教授の森朋子氏も交えて、パネルディスカッション形式で効果的な反転授業のデザインについて考察していく。

 セミナー終了後は、福武ホール1階のUTcafeにて、ゲストも交えて懇親会が実施される。懇親会参加者は、別途参加費3,000円が必要となる。セミナー自体の入場は無料、定員は先着180名、ホームページ上の専用フォームから申し込むことができる。

◆FLIT第3回公開研究会「学習効果を高める反転授業のデザイン」
日時:2月21日(土)14:00~17:00(13:30開場)
会場:東京大学本郷キャンパス 情報学環・福武ホール(赤門横)地下2階 福武ラーニングシアター
定員:180名(先着順)
参加費:無料 ※セミナー終了後、懇親会参加者は別途参加費3,000円
申込方法:参加申込みフォームから。
《小林瑞季》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)