「絵本 日本一プロジェクト」発足、絵本ナビと長谷川キッズライフが連携

教育・受験 未就学児

絵本ナビ
  • 絵本ナビ
  • 長谷川キッズライフ
  • 絵本ナビ編集長の磯崎園子氏
  • 「絵本 日本一プロジェクト」発足、絵本ナビと長谷川キッズライフが連携
 子育て支援事業を展開する長谷川キッズライフは、7月1日から絵本の情報サイトを運営する絵本ナビと連携し、保育業界における「絵本 日本一プロジェクト」を開始した。長谷川キッズライフは、長谷川ホールディングスのグループ会社。

 「絵本 日本一プロジェクトでは、まず長谷川キッズライフが運営する65の保育所に4,000冊の絵本を新配置する。絵本の選書は、絵本ナビ編集長の磯崎園子氏が「気持ち、心を動かす7つのテーマ」というコンセプトに基づき行った。プロジェクトでは、積極的に保護者向け絵本講演会も実施し、「絵本で子どもを育てる保育園」を目指すという。

 なお、今回の連携により、長谷川キッズライフが運営する保護者向けWebサイトでは、絵本ナビのショッピングサービスを通じた絵本の購入が可能になった。保護者の購入額に応じ、絵本ナビが保育所に絵本を寄贈する仕組み。絵本ナビによると、このような保護者参加型の絵本寄贈の仕組みは日本初。

 長谷川キッズライフ代表取締役社長は、優良な絵本は子どもの「感性、創造性・感受性・道徳感」などを養うとし、今後も園児の健やかな成長をサポートしていきたいとコメント。絵本ナビ代表取締役の金柿秀幸氏は、今回のプロジェクトを「保護者も一緒に絵本の充実した環境作りに参加する、かつてない規模の画期的な取組み」と称している。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)