乳幼児に関するニュースまとめ一覧

東京都立2病院、保育室を地域開放…3歳未満募集 画像
生活・健康

東京都立2病院、保育室を地域開放…3歳未満募集

 東京都は2018年11月7日、都立駒込病院と都立松沢病院の院内保育室を2019年1月より地域開放すると発表した。2つの病院では生後57日目から3歳未満の乳幼児をそれぞれ3名受け入れる。申込期間は11月19日から26日まで。

漢字1文字が人気「2018年赤ちゃん名づけ男女年間トレンド」颯・恵が1位 画像
生活・健康

漢字1文字が人気「2018年赤ちゃん名づけ男女年間トレンド」颯・恵が1位

 スマートフォン向けアプリ「赤ちゃん名づけ」を提供するリクスタは2018年11月8日、「2018年赤ちゃん名づけ男女年間トレンド」を発表した。1位には、男の子「颯(はやて など)」、女の子「恵(けい など)」が選ばれ、男女とも漢字1文字の名前がトップとなった。

30周年「しまじろうのハッピーフェスティバル」東京3/23・24、大阪4/13 画像
教育・受験

30周年「しまじろうのハッピーフェスティバル」東京3/23・24、大阪4/13

 こどもちゃれんじ30周年のファイナルイベント「しまじろうのハッピーフェスティバル」が、2019年3月23日と24日に東京で、2019年4月13日に大阪で開催される。チケットの購入申込みは、会員一次先行(抽選)が2018年11月22日より、一般販売は2019年2月22日より開始。

2018年赤ちゃん名前ランキング1位は「蓮」「葵」自然派ネーム人気集中 画像
生活・健康

2018年赤ちゃん名前ランキング1位は「蓮」「葵」自然派ネーム人気集中

 ベビーカレンダーは2018年11月7日、「2018年赤ちゃんの名前ランキング」を発表した。調査件数8万8,107件の名前を集計した結果、ランキング1位は男の子が「蓮」、女の子が「葵」となった。自然派ネームがトップ10の約7割を占め、圧倒的な人気をみせた。

1-12歳の子どもに贈る「キネコ国際映画祭2018」11/22-26 画像
趣味・娯楽

1-12歳の子どもに贈る「キネコ国際映画祭2018」11/22-26

 日本最大規模の子ども国際映画祭「キネコ国際映画祭2018」が、2018年11月22日から11月26日にかけて二子玉川で開催される。1歳から12歳の子どもたちを対象にした世界の映画やアニメを多数上映。声優たちの「生吹き替え(ライブ・シネマ)」での上映も行う。

子育て応援タクシー、カーテン完備で授乳・オムツ交換可能 画像
生活・健康

子育て応援タクシー、カーテン完備で授乳・オムツ交換可能

 キャピタル交通は2018年10月17日、子育て世代の外出を徹底サポートする「子育て応援タクシー」の運行を開始した。車内での授乳やオムツ交換が可能で、ウェットティッシュやビニール袋などの備品や、小児用にDVDアニメやおもちゃ、絵本も完備している。

【インフルエンザ18-19】小児科学会が治療方針、異常行動に注意 画像
生活・健康

【インフルエンザ18-19】小児科学会が治療方針、異常行動に注意

 日本小児科学科は2018年10月31日、2018・2019シーズンのインフルエンザ治療指針を発表した。抗インフルエンザ薬は、オセルタミビル(タミフル)を推奨するが、就学期以降の小児・未成年者には、異常行動に注意して投与を考慮すべきだとしている。

2018年10月生まれ名前ランキング…朝ドラ主人公の名や“よみ”の多様化がトレンド 画像
生活・健康

2018年10月生まれ名前ランキング…朝ドラ主人公の名や“よみ”の多様化がトレンド

 ベビーカレンダーは2018年11月1日、2018年10月生まれの子ども7,156人を対象に「10月生まれベビーの名づけトレンド」に関する調査を行い、結果を発表した。

たまひよ名前ランキング、2018年は蓮・陽葵がトップ 画像
生活・健康

たまひよ名前ランキング、2018年は蓮・陽葵がトップ

 ベネッセコーポレーションは2018年11月1日、赤ちゃんの名前に関する調査「たまひよ名前ランキング」を発表した。男の子は「蓮」、女の子は「陽葵」が1位。名前の読みでは男の子は「はると」、女の子は「あかり」が1位だった。

持ち運びに便利「バイリンガル・パソコン」11月発売 画像
趣味・娯楽

持ち運びに便利「バイリンガル・パソコン」11月発売

 米国マテル社の日本法人マテル・インターナショナルは、バイリンガル知育玩具ブランド「フィッシャープライス」から、色や数字を英語で学びながら指遊びを促す子ども専用パソコン「バイリンガル・にこにこ!パソコン」を2018年11月上旬に発売する。価格は2,800円(税別)。

【インフルエンザ18-19】沖縄・三重で流行シーズン入り 画像
生活・健康

【インフルエンザ18-19】沖縄・三重で流行シーズン入り

 厚生労働省は、2018年10月15日から21日までのインフルエンザの発生状況を発表した。定点あたり報告数は「沖縄県」が2.21ともっとも多く、ついで「三重県」1.35。両県は定点あたり報告数が流行開始の目安である1.00を上回り、流行シーズン入りした。

ハロウィン仮装用品での皮膚トラブルに注意…消費者庁が呼びかけ 画像
生活・健康

ハロウィン仮装用品での皮膚トラブルに注意…消費者庁が呼びかけ

 10月31日のハロウィンを前に、各地でハロウィンイベントなどが盛り上がりを見せている。そのような中、消費者庁は2018年10月25日に「子ども安全メール from 消費者庁」の最新メールにて、ハロウィン仮装用品での皮膚トラブルに気を付けるよう注意を呼びかけた。

子育て経験により相手の感情の読み取りが敏感に…京大研究グループ 画像
生活・健康

子育て経験により相手の感情の読み取りが敏感に…京大研究グループ

 京都大学は2018年10月24日、「子育て経験により相手の感情の読み取りが敏感になる」とする研究成果を発表した。育児経験者(母親)は成人の表情から感情をより正確に読み取っており、さらに、不安傾向が高い母親ほど乳児や成人の表情をより敏感に知覚しているという。

風しん患者1,289人、2017年の14倍…最多は千葉県 画像
生活・健康

風しん患者1,289人、2017年の14倍…最多は千葉県

 国立感染症研究所によると、2018年1月から10月17日までの風しん患者累積報告数は1,289人にのぼる。2017年(93人)の14倍の報告数となり、流行の拡大が懸念される。人口100万人あたりの患者報告数は、「千葉県」が37.6人ともっとも多い。

育休延長を目的とした保育所申込み、厚労省が対応案を検討 画像
生活・健康

育休延長を目的とした保育所申込み、厚労省が対応案を検討

 保育園利用希望者に対して入所できなかった場合に育児休業の延長が可能か否かを表示させ、育児休業延長を目的とした保育所への申込みを抑制し、保育ニーズの高い人を優先的に扱うよう厚生労働省が検討していることが、2018年10月22日の専門部会配布資料からわかった。

27万人が来場、子どもが主役の「ハロウィンin多摩センター」10/27・28 画像
趣味・娯楽

27万人が来場、子どもが主役の「ハロウィンin多摩センター」10/27・28

 16回目を迎える子どもが主役のハロウィンイベント「ハロウィンin多摩センター2018」が、2018年10月27日、28日に開催される。毎日4,000人が参加する「トリックオアトリート」や「仮装パレード」など、親子でハロウィンを思い切り楽しめるプログラムが多数催される。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 50
  12. 最後
Page 1 of 83
page top