映画アンパンマン、32作目は「雲の国」救う物語6/26公開

『それいけ!アンパンマン』の劇場映画シリーズ32作目『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』が、2020年6月26日より公開されることがわかった。“雲の子・フワリー”とアンパンマンたちが、「雲の国」を救うために大奮闘する物語が繰り広げられる。

趣味・娯楽 未就学児
『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV(C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会 2020
  • 『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV(C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会 2020
『それいけ!アンパンマン』の劇場映画シリーズ32作目が、『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』のタイトルで2020年6月26日より公開されることがわかった。
“雲の子・フワリー”とアンパンマンたちが、「雲の国」を救うために大奮闘する物語が繰り広げられる。

『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』の舞台となるのは、美しい花や草木を元気にし、雨や虹を作りだす“雲”を色々な町や星に配って旅をする「雲の国」だ。
そこで生まれた雲の赤ちゃんは、ばいきんまんたちと出会ったのちに“フワリー”と名付けられ、すくすくと成長しながらドキンちゃんと絆を育んでいく。


その頃、なぞの汚れで飛べなくなった「雲の国」では、雲の長老と雲の子たちがアンパンマンたちに助けを求めるも、ばいきんまんが雲の国の王様になるために発明した黒い雲“バイグモラ”が大暴走してしまう。
雲の国が黒い雲に覆われ、アンパンマンワールドの太陽の光も失われていく中、フワリーとドキンちゃんの友情、そして雲の国を守るために力をあわせて立ち向かうアンパンマンたちの活躍に注目だ。

映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』は、2020年6月26日より全国ロードショー。

映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』
6月26日(金)より元気100倍!全国ロードショー
■配給:東京テアトル

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV(C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会 2020

映画「それいけ!アンパンマン」シリーズ32作目は“雲の国”を救う物語 6月26日公開決定

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)