ワニワニパニックが雑誌「幼稚園」の付録で復活

アーケードゲームの長寿タイトル『ワニワニパニック』が雑誌「幼稚園」のふろくとして登場。

教育・受験 未就学児
『ワニワニパニック』が雑誌「幼稚園」のふろくで復活―モーターユニット付きでワニの動きを再現
  • 『ワニワニパニック』が雑誌「幼稚園」のふろくで復活―モーターユニット付きでワニの動きを再現

バンダイナムコエンターテインメントはアーケードゲームの長寿タイトル『ワニワニパニック』が雑誌「幼稚園」4月号のふろくとして復活すると発表しました。

『ワニワニパニック』は1989年に誕生したゲームセンターの長寿タイトルで、読者の皆さんも一度は遊んだことがあるのではないでしょうか。バンダイナムコエンターテインメントのサイトによると「幼稚園」のふろく版『ワニワニパニック』は紙製ながら、モーターユニットがついており5匹のワニが出入りする動きを再現。また、カウンターもついており点数カウントも可能という本格的なもの。当時の開発スタッフが監修しており、再現度もハイレベルに仕上がっているとのことです。

この他にも「幼稚園」2月号ではセガとコラボしたメダルプッシャー機『メダルおとしゲーム』がふろくになっており、トレイラーも公開されています。トレイラーでは本格的なふろく版『メダルおとしゲーム』の様子を見ることができます。


『ワニワニパニック』は雑誌「幼稚園」4月号のふろくとして、2020年2月29日に1,350円で発売予定です。

『ワニワニパニック』が雑誌「幼稚園」のふろくで復活―モーターユニット付きでワニの動きを再現

《HATA》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)