【高校受験2020】東京都立高校入試・進学指導重点校<英語>講評…多様化する出題形式

 令和2年度(2020年度)東京都立高等学校入学者選抜(都立入試)の学力検査が、令和2年2月21日(金)に実施された。リセマムでは、SAPIX中学部(サピックス)の協力を得て、学力検査の「英語」の講評を速報する。

教育・受験 中学生
2020年度(令和2年度)東京都立高等学校入学者選抜<英語>講評
  • 2020年度(令和2年度)東京都立高等学校入学者選抜<英語>講評
  • 2020年度(令和2年度)東京都立高等学校入学者選抜<英語>講評
  • 2020年度(令和2年度)東京都立高等学校入学者選抜<英語>講評
 令和2年度(2020年度)東京都立高等学校入学者選抜(都立入試)の学力検査が、令和2年2月21日(金)に実施された。東京都が令和2年2月13日に発表した最終応募状況によると、全日制は募集人員3万501人に対し4万2,577人が志願し、最終志願倍率は1.40倍。リセマムでは、SAPIX中学部(サピックス)の協力を得て、進学指導重点校 学力検査の「英語」の講評を速報する。このほかの教科(全5教科)についても同様に掲載する。

<英語>講評(SAPIX中学部 提供)



イラストや地図の読み取り、英作文など、多様化する出題形式。求められるのは高度な思考力、分析力、そして記述力。

2020年度(令和2年度)東京都立高等学校入学者選抜<英語>講評
 共通問題は、形式・内容ともに例年通りでした。また、リスニング問題にも大きな変化はありませんでした。

 日比谷は2020年も、重点校の中で特に英作文が重視された問題構成でした。大問4では2019年同様、イラストを用いた問題が出され、2020年のテーマは「自動翻訳機」でした。

 西は長文中の空所に適語を補う問題が減り、分析力を要する難度の高い選択問題が増えました。3題の長文で構成されているためスピーディーに問題を解いていく必要がある点では2019年と変わりません。

 国立は近年出題が続く、難度の高い理数系の題材が扱われ、対話文中で説明された法則をその場で理解し、活用して解く力が求められました。

 八王子東はスマートフォンの弊害について自分の意見を書く英作文が出され、身近な題材を用いて記述する力が問われました。

 戸山は大問2では図、大問3では地図と本文の内容を照らし合わせ、答えを導き出す問題が出されましたが、まれに見る難問でした。

 青山は本文の流れに合うように文を並べかえる問題、本文の内容に一致する文を選択する問題など、文脈の理解度を測る問題が難しく、そこで差がついたと思われます。

 立川は与えられた図表と会話の内容から、正しく情報を読み取り解答する力が求められました。

 全体として、思考力・分析力を試される問題が多く、その理解をイラストや図表の読み取り、英作文といったさまざまな角度から問う学校が増えてきていると言えます。

2020年度(令和2年度)東京都立高等学校入学者選抜<英語>講評
--
 このレポートは、令和2年2月22日(土)に速報としてSAPIX中学部が作成したもの。

協力:SAPIX中学部
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)