【大学受験】2023年度用「赤本手帳」発売…自己管理が合格への近道

 教学社は、2023年度受験用の「赤本手帳」を2021年10月1日から販売開始した。自己管理の大事なポイントを実行できるスケジュール手帳。合格者の声を200本以上収録し、先輩受験生たちからのアドバイスで受験を乗り切る。

教育・受験 高校生
赤本手帳
  • 赤本手帳
  • 教学社
 教学社は、2023年度受験用の「赤本手帳」を2021年10月1日から販売開始した。自己管理の大事なポイントを実行できるスケジュール手帳。合格者の声を200本以上収録し、先輩受験生たちからのアドバイスで受験を乗り切る。

 教学社は大学入試の過去問題集「赤本」を出版し、現在、378大学614点を刊行している。2023年度受験用の「赤本手帳」は、月間・週間ともに2021年12月に始まる、2023年3月までの16か月のスケジュール手帳。受験に役立つコンテンツが満載で、入試の流れが一目でわかる年間スケジュールを掲載し、どの時期に何の準備をすればよいか一目でわかる構成となっている。自己管理が合格への近道とし、受験生の自己管理を徹底サポート。自己管理の3つのポイントは「記録する」「現状を把握し、弱点をつぶす」「1か月、1週間、1日の単位ですることを決める」だという。

 志望校合格者によるアドバイスを200本以上収録し、合格のポイント等、志望校合格者のリアルな声が受験をアシストする。先輩受験生による共通テストの対策法も掲載。先輩たちの受験データや併願校の決め方のコツ、試験当日の心得も収録している。「受験コラム」では、月ごとに受験に役立つコラムや体験談を掲載。たとえば、12月のコラムは「志望校について考えよう!/先輩たちの受験データ」。

 その他、大学用語集、時間割表、定期試験記録表、模擬試験記録表、受験に役立つ情報サイト、受験に役立つスマートフォンアプリ等も掲載。手帳としての使いやすさも充実し、180度開くので書き込みがしやすい装丁。B6サイズで、しおりひも2本付き。

 2023年度受験用「赤本手帳」は、プラムレッド、インディゴブルー、プラチナホワイトの3色。価格は1,210円(税込)。書店、またはオンラインストアから購入できる。

◆2023年度受験用「赤本手帳」
サイズ:B6
カラー:プラムレッド、インディゴブルー、プラチナホワイト
価格:1,210円(税込)
販売:書店、またはオンラインストア
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top